メインメニューを開く

木更津市役所(きさらづしやくしょ)は、日本地方公共団体である木更津市の組織が入る施設(役所)である。

木更津市庁舎
駅前庁舎(スパークルシティ木更津7階、8階)
情報
用途 木更津市行政の中枢施設
建築主 木更津市
事業主体 木更津市
管理運営 木更津市
構造形式 鉄筋コンクリート構造
所在地 292-8501
千葉県木更津市富士見1丁目2番1号(駅前庁舎)
千葉県木更津市朝日3丁目10番19号(朝日庁舎)
特記事項 仮庁舎(2庁舎態勢)
テンプレートを表示

目次

概要編集

 
木更津市役所(旧潮見庁舎)

1972年(昭和47年)、潮見一丁目に市庁舎が完成し40年近く使用されてきたが、後述の耐震強度の問題により解体され、2015年(平成27年)に駅前庁舎と朝日庁舎の仮庁舎に移転している。

新庁舎整備編集

2011年の東日本大震災発生に伴い市役所庁舎の耐震調査を実施した結果、震度6強で倒壊する恐れがあるという診断が出された[1]。そのため、「現庁舎の改修」か「新庁舎の建設」の両面で検討した結果、「新庁舎建設」の方針が決定し、2016年秋開庁を目標に2014年4月に入札を実施したが、2020年に開催される東京オリンピック建設による建設費高騰などの影響により、入札業者が現れなかった[2]。その際、プレハブ小屋を仮設庁舎とする報道がなされた[3]が、実施されることはなく、「現行案」、「縮小案」、「先送り案」の3案[4]を提示し、コストの面などから「先送り案」に決定した。

現庁舎は、耐震性に問題があり老朽化も進んでいるため使用することはできず、仮庁舎への移転が決定した。仮庁舎案としては現在地に軽量鉄骨を造る案と民間施設利用の2案が提案され[5]、コストの面や移転の早さなどに鑑み、アクア木更津(現スパークルシティ木更津)およびイオンタウン木更津朝日の民間施設2施設を利用する方針に決定した[6]。2015年9月24日以降、駅前庁舎(富士見一丁目、アクア木更津の7階と8階)と朝日庁舎(朝日三丁目、イオンタウン木更津朝日の2階)の2庁舎態勢となっている。

2016年12月から旧潮見庁舎と第二庁舎は解体工事が行われている。工期は2017年12月まで。その後新庁舎は2020年以降に建設される見込みである。

市庁舎編集

駅前庁舎(スパークルシティ木更津)
8F 市長室、総務部、企画部、経済部、監査委員事務局
7F 木更津市議会(議場・控室・議会事務局)
  朝日庁舎(イオンタウン木更津朝日)
2F 市民部、福祉部、財務部、企画部、都市整備部、教育部、会計室、農業委員会事務局、選挙管理委員会事務局
1F 守衛室

脚注編集

外部リンク編集