木曾 義利(きそ よしとし、1577年天正5年)[1] - 1640年寛永17年)[2])は、安土桃山時代江戸時代の人物。木曾義昌の子。大名としての木曾氏の最後の当主。母は武田信玄の娘・真理姫。子に木曾義辰。弟に義春と義一(義通)。

経歴編集

幼名は岩松丸。1595年、父の死により家督を相続する。この頃の木曾氏は、1590年関東移封により、代々領した信濃木曾地方に代わって下総海上郡阿知戸1万石(網戸、現在の旭市)の地を領していた。

小田原征伐の際に木曽義昌は病気であった為に嫡子・木曽義利を派遣したが義利に合戦等は無かった。木曽谷は豊臣家の直轄領となっている。[3] しかし、義利は粗暴な振る舞いが多く。 父、義昌の亡骸を家臣の反対を押し切り「 椿の海 」にて水葬にしたり、 義利の側室と牛方の不倫に逆鱗した義利は詮議もせず牛裂きの刑をしたり。叔父・上松義豊(上松蔵人)を殺害したことを耳にした徳川家康によって改易されたとされるが、真相は不明である[3]

その後は、母・真竜院(真理姫)の下へ赴き、隠棲したともいわれるが、阿知戸を退去した後の義利に関しては、確たる史料に基づく消息は残っていない。東国から諸国への行脚を思い立ち、木曽を通って四国に至り讃岐で死去したと伝わる[3]。また京都に行き剃髪して宗屋と号し、寛永17年(1640年)に伊予松山で没したとする説もあるが[3]、確証は無い。弟(義昌四男)の義一(義通)も、母の真竜院と共に木曽谷で隠遁したとされるが、その後や子孫に関しては伝わっていない。もう一人の弟(義昌三男)の義春は大坂の陣における豊臣秀頼の浪人募集に応じ大坂城に入って戦死した[4]

長崎県平戸市大島村(的山大島)では義利が流浪して現在長崎県壱岐島湯本に居たとき平戸藩松浦家より的山大島の政務役に任ぜられ、井元弥七左衛門義利と改名しその地を治め寛永3年(1626年)12月14日に没した[5]と伝えられている。前平免神山地区に井元家初代(義利)、二代の墓と木曽家先祖に対する水向塔もある。井元家は三代目義信が井元鯨組を創業し大島村神浦を整備して捕鯨をおこなっており、井元家墓地には九州最古の鯨供養塔もある。

子の玄蕃義辰(よしとき)は後の伊予松山藩松平家に仕えたが後に故あって浪人し、その子らは最終的に元の木曾家臣で親族であった千村氏・山村氏を頼り尾張藩ほかに召し抱えられる[2]

脚注編集

  1. ^ 笹本 2016, p. 238.
  2. ^ a b 小高春雄「旭市東漸寺の伝木曽氏石塔について」『房総の石仏』20号、2010年。
  3. ^ a b c d 笹本 2016, p. 239.
  4. ^ 柏木輝久北川央監修『大坂の陣 豊臣方人物事典』宮帯出版社、2016年。
  5. ^ 中倉光慶「西海捕鯨と井元弥七左衛門家について」『松浦党研究』6号、1983年。

参考文献編集

  • 笹本正治『信濃の戦国武将たち』宮帯出版社、2016年。