メインメニューを開く

木村"フィリップ"ミノルKimura "Philip" Minoru1993年9月9日 - )は、ブラジル男性キックボクサーパラナ州クリチバ出身。日本在住。母が日系ブラジル人、父がイタリアブラジル人のクォーター[1]。K-1ジム五反田チームキングス所属。現K-1 KRUSH FIGHTウェルター級王者。嫁[[松本メイ

木村"フィリップ"ミノル
基本情報
本名 ミノル・フィリップ・キムラ
通称 戦慄のブラジリアンフック
階級 スーパーライト級
ウェルター級
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
誕生日 (1993-09-09) 1993年9月9日(26歳)
出身地 パラナ州クリチバ
身長 172cm
体重 67.5kg
スタイル キックボクシング
プロキックボクシング戦績
総試合数 37
勝ち 29
KO勝ち 22
敗け 9
引き分け 1
無効試合 0
テンプレートを表示

来歴編集

ブラジルで生まれ、3歳の頃に日本に移住する[1]

アクション映画を見て格闘技をやりたくなり、近所にあったキックボクシングジムに入会して10歳からキックボクシングを始める[1]

2010年9月20日、デビュー戦を竹岡龍助と対戦し判定1-0で引き分け。

2011年11月20日、MA日本ライト級新人王トーナメント決勝戦で士道館杯争奪ストロングオープントーナメント全日本大会優勝者のアメリカンドラゴンと対戦し、パンチで立て続けに3度ダウンを奪い1ラウンドTKO勝ち。MA日本ライト級新人王に輝き、新人王MVPも獲得した。

2012年6月3日、スーパーライト級に階級を上げた初戦で和真と対戦し2ラウンドにダウンを奪い判定勝ち[2]

2012年7月15日、2011年K-1甲子園優勝者の小川翔と対戦し判定負け[3]

2012年9月9日、Krush YOUTH GP -63kgトーナメントの1回戦で山口裕人と対戦し2ラウンド左フックでKO負け[4]

2013年1月14日、Krush Grand Prix 2013にてNOMANと対戦し1ラウンドパンチの連打でKO勝ち。

2013年3月3日、Krush-IGNITION 2013 vol.2にて佐々木大蔵と対戦し右フックで1ラウンドKO勝ち[5]

2013年5月12日、Krush.28にて梶原龍児と64kg契約で対戦し左フックで3ラウンドKO勝ち[6]

2013年9月21日、Krush.33にてKrush -63kg級王座挑戦者決定戦で竹内裕二と対戦しパンチの連打で1ラウンドKO勝利[7]。Krush -63kg級王者・山崎秀晃への挑戦権を獲得した。

2013年12月14日、Krush.35にてKrush -63kg級王者・山崎秀晃に挑戦し右フックで1ラウンドKO負け[8]

2014年11月3日、K-1 WORLD GP -65kg級初代王座決定トーナメントに出場。1回戦で左右田泰臣と対戦し膝蹴りでダウンを奪われなんとか立ち上がった所にパンチの連打をもらい2ラウンドKO負け[9]

2015年1月18日、K-1 WORLD GP 2015~-60kg初代王座決定トーナメント~にてゲーオ・ウィラサクレックと対戦し3ラウンドにカウンターの左ストレートを合わせてダウンを奪い2-0で判定勝ち[10]

2015年4月19日、K-1 WORLD GP 2015 IN JAPAN~-55kg初代王座決定トーナメント~にてHIROYAと対戦し左フックでKO勝ち[11]

2015年9月22日、K-1 WORLD GP 2015 IN JAPAN~SURVIVAL WARS~にて平本蓮と対戦し2ラウンドにダウンを奪って大差判定勝ち。

2015年11月21日、K-1 WORLD GP 2015 IN JAPAN~THE CHAMPIONSHIP~でK-1 WORLD GP -65kg級王者・ゲーオ・ウィラサクレックに挑戦し左膝蹴りで1ラウンドKO負け[12]

2016年3月4日、K-1 WORLD GP -65kg級日本代表決定トーナメント1回戦に出場。1回戦で野杁正明と対戦し右膝蹴りで1ラウンドKO負け(2ダウンルール)を喫した[13]

2016年6月24日、K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN ~-65kg世界最強決定トーナメント~にてリザーブファイトでNOMANと対戦し判定勝ち。

2016年9月25日、プロ総合格闘技初戦となったRIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント 開幕戦で、チャールズ・"クレイジー・ホース"・ベネットと対戦。開始早々飛び膝蹴りを仕掛けるがカウンターの右ストレートを合わされパウンドでKO負け。

2016年12月31日に開催されたRIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント FINAL ROUNDの第1試合でチャールズ・"クレイジー・ホース"・ベネットと再戦予定であったが、マイアミの領事館からベネットにビザの発給が下りず、来日が出来なくなったため急遽中止となった。

2017年3月3日、Krush.74で西川康平と対戦し、開始早々に右フックでダウンを奪うも真っ直ぐ下がった所に左のフェイントから右フックをもらい、痛烈なダウンを喫し逆転KO負け。

2017年5月28日、Krush.76でKENJIと対戦し、右フックでダウンを奪うと、立ち上がったKENJIに左フックで立て続けにダウンを奪う。さらに、パンチ連打で3度目のダウンを奪い、KO勝ちを収めた。

2017年09月18日、K-1 WORLD GP初代ウェルター級王座決定トーナメントの1回戦で久保優太と対戦し、2度ダウンを奪われ判定負けを喫した。

2017年11月23日、 K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代ヘビー級王座決定トーナメント~にて城戸康裕と対戦し、2Rに右フックで1度目のダウンを奪い、さらに右ストレートからのラッシュで2度目のダウンを奪うと、3Rにも右フックで3度目のダウンを奪い判定勝ちを収めた。

Krushウェルター級王座獲得編集

2018年8月5日、Krush.91のKrushウェルター級タイトルマッチで王者の塚越仁志に挑戦し、左フックで1度目のダウンを奪い、再び左フックで2度目のダウンを奪うと、フックの連打で3度目のダウンを奪い1R1分45秒KO勝ちを収め、王座獲得に成功した。試合後には観客席にいた恋人をリングの上に呼んで、公開プロポーズを行った[14]

2019年5月18日、K-1 KRUSH FIGHT.101のK-1 KRUSH FIGHTウェルター級タイトルマッチで挑戦者の近藤魁成と対戦し、1Rに顔面への膝蹴りでダウンを奪われるも、直ぐにダウンを奪い返すと、さらに2Rにダウンを奪い、最後は3度目のダウンを奪って2R1分43秒KO勝ちを収め、王座の初防衛に成功した。

人物編集

  • 尊敬している格闘家は魔裟斗ヴァンダレイ・シウバ
  • 入場曲はDarudeの「sandstorm」、Krush.76ではLil wayneの「Mirror」
  • KO勝ちを収めると後手に組み直立不動でカメラを凝視するフィリップポーズをするのが恒例となっている[15]

戦績編集

プロキックボクシング編集

キックボクシング 戦績
37 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
29 22 7 0 1 0
9 7 2 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
クルーズ・ブリッグス 1R 1:37 KO(右フック) K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント~ 2019年6月30日
近藤魁成 2R 1:43 KO(左ボディーブロー) K-1 KRUSH FIGHT.101
【K-1 KRUSH FIGHTウェルター級タイトルマッチ】
2019年5月18日
和島大海 1R 2:21 KO(左フック) K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K'FESTA.2~ 2019年3月10日
× ジョーダン・ピケオー 3R 1:29 KO(右アッパー) K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~第3代スーパー・ライト級王座決定トーナメント~ 2018年11月3日
塚越仁志 1R 1:45 KO(パンチ連打) Krush.91
【Krush ウェルター級タイトルマッチ】
2018年8月5日
山際和希 1R 2:48 KO(左フック) K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~第2代フェザー級王座決定トーナメント~ 2018年6月17日
平山迅 1R 2:50 KO(左フック) K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K’FESTA.1~ 2018年3月21日
城戸康裕 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代ヘビー級王座決定トーナメント~ 2017年11月23日
× 久保優太 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代ウェルター級王座決定トーナメント~
【K-1 WORLD GP初代ウェルター級王座決定トーナメント1回戦】
2017年09月18日
KENJI 1R 1:16 KO(パンチ連打) Krush.76 2017年5月28日
× 西川康平 1R 2:12 KO(右フック) Krush.74 2017年3月3日
NOMAN 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN ~-65kg世界最強決定トーナメント~ 2016年6月24日
× 野杁正明 1R 2分55秒 KO(2ダウン) K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN ~-65kg日本代表決定トーナメント~
【K-1 WORLD GP -65kg級日本代表決定トーナメント1回戦】
2016年3月4日
× ゲーオ・ウィラサクレック 1R 2分55秒 KO K-1 WORLD GP 2015 IN JAPAN~THE CHAMPIONSHIP~
【K-1 WORLD GP -65kg級タイトルマッチ】
2015年11月21日
平本蓮 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2015 IN JAPAN~SURVIVAL WARS~ 2015年9月22日
マサロ・グランダー 3R+延長1R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP IN JAPAN~-70kg初代王座決定トーナメント 2015年7月4日
HIROYA 1R 1:45 KO(左フック) K-1 WORLD GP 2015 IN JAPAN~-55kg初代王座決定トーナメント~ 2015年4月19日
ゲーオ・ウィラサクレック 3R終了 判定2-0 K-1 WORLD GP 2015~-60kg初代王座決定トーナメント~ 2015年1月18日
× 左右田泰臣 2R 2:43 KO(パンチ連打) K-1 WORLD GP 2014 ~-65kg初代王座決定トーナメント~
【K-1 WORLD GP -65kg級初代王座決定トーナメント1回戦】
2014年11月3日
富平禎仁 2R 2:28 KO(右ストレート) Krush.45 ~in NAGOYA~ 2014年8月24日
トーマス・アダマンドポウロス 2R 2:55 KO(右フック) Krush.42 2014年6月12日
佐々木大蔵 1R 2:49 KO(右フック) Krush.39 2014年3月8日
× 山崎秀晃 1R 0:47 KO(右フック) Krush.35
【Krush -63kg級タイトルマッチ】
2013年12月14日
竹内裕二 1R 2:07 KO(パンチ連打) Krush.33
【Krush -63kg級挑戦者決定戦】
2013年9月21日
梶原龍児 3R 1:50 KO(左フック) Krush.28 2013年5月12日
佐々木大蔵 1R 2:19 KO(右フック) Krush-IGNITION 2013 vol.2 2013年3月3日
NOMAN 1R 2:29 KO(パンチ連打) Krush Grand Prix 2013 2013年1月14日
田中秀和 4R 0:39 KO(右フック)[16] MA日本キック BREAK-32 ~SEIZE~
【MA日本スーパーライト級王座挑戦者決定戦】
2012年12月9日
× 山口裕人 2R 2:01 KO(左フック) Krush YOUTH GP 2012 -63kg 開幕戦
【Krush YOUTH GP 2012 -63kg級トーナメント1回戦】
2012年9月9日
× 小川翔 3R終了 判定0-3 MA日本キック KICK GUTS 2012 第15回梶原一騎杯~真樹日佐夫追悼記念興行~ 2012年7月15日
和真 3R終了 判定3-0 MA日本キック ~KICK BOXING 戦闘甲斐士10~ 2012年6月3日
和城 3R 0:39 TKO(右フック→タオル投入)[17] MA日本キック BREAK-24 ~SAGITTARIUS~ 山本佑機引退記念興行 2012年3月18日
ブラックドラゴン 1R 2:38 TKO(3ダウン) MA日本キック BREAK-20 ~RAISE~
【2011MA日本ライト級新人王トーナメント決勝戦】
2011年11月20日
ちび太 1R 1:35 KO MA日本キック BREAK-18~Sils~
【2011MA日本ライト級新人王トーナメント準決勝】
2011年10月9日
石垣耕平 1R 2:25 KO(パンチ連打) 新日本キック BRAVE HEARTS17 2011年8月28日
藤田健輔 3R 0:43 TKO(2ダウン)[18] MA日本キック BREAK-16~GRASP~
2011MA日本ライト級新人王トーナメント準々決勝
2011年7月18日
橋本悟 3R終了 判定3-0 MA日本キック ~KICKBOXING 戦闘甲斐士8~
【2011MA日本ライト級新人王トーナメント2回戦】
2011年5月29日
渡辺一馬 1R 0:59 TKO(2ダウン)[19] MA日本キック BREAK-10 ~DICE~ 2011年2月27日
竹岡龍助 3R終了 判定1-0 MA日本キック 戦闘甲斐士~富士武闘会2~ 2010年9月20日

総合格闘技編集

総合格闘技 戦績
1 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
0 0 0 0 0 0 0
1 1 0 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× チャールズ・"クレイジー・ホース"・ベネット 1R 0:07 KO(右ストレート→パウンド) RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント 開幕戦 2016年9月25日

獲得タイトル編集

  • 2011年MA日本ライト級新人王
  • 2011年K-1甲子園東日本優勝[20]
  • 第6代K-1 KRUSH FIGHTウェルター級王者(防衛1回)

出演歴編集

ウェブテレビ編集

脚注編集

  1. ^ a b c 躍動する若き才能 キックボクサー木村ミノル PHYSIQUE ONLINE 2017年1月28日
  2. ^ RYOTA、地元メインで辛勝。木村ミノル判定勝ち:6.3 山梨バウトレビュー 2017年1月28日
  3. ^ 秋元皓貴、1R TKO勝ちで初のタイトル獲得:7.15 後楽園バウトレビュー 2017年1月28日
  4. ^ YOUTH GP -63kg級開幕。HIROYA、デビュー戦の東本央貴に1R KO負け:9.9(夜) 新宿バウトレビュー 2017年1月28日
  5. ^ 【Krush】高校卒業の木村ミノルが倒し倒され、また倒すイーファイト 2017年1月28日
  6. ^ 【Krush】山陰対決は鳥取・武尊がフルラウンドの打ち合い制すイーファイト 2017年1月28日
  7. ^ 山崎秀晃&木村ミノル、揃って1R KO勝ちで-63kg級タイトルマッチへ:9.21 後楽園バウトレビュー 2017年1月28日
  8. ^ 山崎秀晃、木村ミノルを47秒KO。梶原龍児、引退戦は判定勝ち:12.14 後楽園バウトレビュー 2017年1月28日
  9. ^ ゲーオ強し。山崎・久保・左右田破り-65kg初代王者に:11.3 代々木バウトレビュー 2017年1月28日
  10. ^ 【K-1】木村ミノルがダウンを奪いゲーオに勝つイーファイト 2017年1月28日
  11. ^ 【K-1】木村ミノル、HIROYAを1RでKO圧勝イーファイト 2017年1月28日
  12. ^ 【K-1】ゲーオ強し、木村を1RでKOしてリベンジイーファイト 2017年1月28日
  13. ^ 【K-1】山崎秀晃が野杁正明を破り優勝、打倒ゲーオを宣言イーファイト 2017年1月28日
  14. ^ 木村ミノルが初戴冠。そして公開プロポーズにも成功 YAHOO!ニュース 2018年8月6日
  15. ^ 木村“フィリップ”ミノル、「魅力的なパンチャーも、オレの前では無力」 Abema格闘TIMES 2018年4月10日
  16. ^ 加藤竜二&宮元啓介、タイの元ランカー相手に明暗:12.9 有明バウトレビュー 2017年1月28日
  17. ^ 一貴、ビッグベンに惜敗。山本佑機、引退戦は黒星:3.18 有明一貴、ビッグベンに惜敗。山本佑機、引退戦は黒星:3.18 有明 2017年1月28日
  18. ^ 新王者の町田光、元ルンピニー王者に判定負け:7.18 新宿バウトレビュー 2017年1月28日
  19. ^ ライト級王者の梶田義人、藤牧孝仁にTKO勝ち:2.27 有明バウトレビュー 2017年1月28日
  20. ^ 【K-1甲子園】小宮山三男は決勝戦で敗退、東日本優勝は木村ミノルと宮崎就斗GBR 2017年1月28日

関連項目編集

外部リンク編集