メインメニューを開く

木村 俊昭(きむら としあき、1960年10月22日 - )東京農業大学教授・博士(経営学)。内閣官房シティマネージャー(自治体・特別参与)、日本地域創生学会会長、地域活性学会常任理事[2]

きむら としあき
木村 俊昭
生誕 (1960-10-22) 1960年10月22日(58歳)
北海道紋別郡西興部村
国籍 日本の旗 日本
職業 東京農業大学教授
活動期間 1984年 -
著名な実績 日本地域創生学会[1]
日本事業構想研究所
代表作 「五感六育」モデル
地域プロデューサー育成塾
スーパー公務員
小樽市地域ブランド
補足

小樽市役所職員、元内閣官房・内閣府企画官(地域活性化担当)、元農林水産省企画官[3]を歴任。元スーパー公務員としても知られる。

目次

来歴編集

1960年10月22日北海道紋別郡西興部村の出身。紋別郡遠軽町育ち。慶應義塾大学大学院博士課程修了。1984年小樽市に入庁し、財政部・議会事務局・企画部・総務部などのさまざまな部局での職務を経て経済部へ異動し、商工課係長、産業振興課長、産業港湾部副参事(次長職)となる。

「斜陽の街」と呼ばれていた小樽市の地域活性に奔走し、全国初の歴史的建造物を活用したライトアップのほか、老舗ガラス工房・東証一部上場企業の誘致などにより、地場産業振興や地元のものづくり職人による「ガラスの街・小樽」を確立し、産業観光都市としての地域ブランド化を推進。

「地域再生の主役はあくまでも地元の人たち」という視点を大切にしており、広聴・傾聴・対話をふまえた指標(ものさし)の策定や、実学・現場重視・全体最適の視点からの市内企業の実態調査や着実な施策の実施を通して、小樽市の「まちおこし・まち育て」を実現した[4]

小樽市における「まちおこし・まち育て」の手腕を買われ、2006年から内閣官房内閣府企画官(地域活性化担当)として、地域再生策の策定や地域再生制度の事前・事後評価、政府広報活動のほか、内閣府経済社会総合研究所の特別研究員(兼務)として地域創生に関する調査研究などを担当。

2008年12月20日、全国約40大学での「地域活性化システム論」の開講等を通して地域活性学会の設立に関わり、常任理事に就任[5]

2009年から農林水産省企画官として、地域の担い手養成、地域ビジネスの創出、6次産業化などを担当[6]

2009年5月19日NHKプロフェッショナル 仕事の流儀」で取り上げられた[7]ほか、新報道2001BSフジLIVE プライムニュース[8]テレビ東京たけしのニッポンのミカタ![9]TBSテレビ黒柳徹子爆笑問題キズナ食堂[10]など多数のメディア・番組に出演。

2012年、東京農業大学教授に就任[11]。公益社団法人日本青年会議所主催「地域プロデューサー育成塾」塾長に就任し、全国で開塾。公益社団法人日本青年会議所アドバイザー兼褒賞委員に就任。博士(経営学)取得。多数の大学や大学院における講義(地域ビジネス論・企業論・地域活性化システム論・演習)のほか、「木村俊昭のスーパー公務員塾」「地域創生リーダー・プロデューサー人財塾」を開塾し、「五感六育(知育・食育・木育・遊育・健育・職育)」[12]の推進や「職場・仕事環境の改善」に関する数多くの講演のほか、ストーリー性(台本・脚本)ある総合計画・総合戦略等の改定・改正支援など、地域の実情に即した助言を数多く行なっている[13]

2017年8月26日日本地域創生学会の設立に関わり、会長に就任。日本の各地域とASEAN諸国等の地域との連携強化を推進中。

著書編集

単著編集

共著編集

  • 『地域づくり新戦略 -自治体格差時代を生き抜く-』(第7章を執筆・一藝社)
  • 『地域ブランドと産業振興 -自慢の銘柄づくりで飛躍した9つの市町村-』(第1章を執筆・新評論)
  • 『知られざる日本の地域力』(第4章を執筆・今井出版)ISBN 978-4906794676 ほか

出演番組編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 日本地域創生学会”. 日本地域創生学会. 2019年5月20日閲覧。
  2. ^ 地域活性学会”. 地域活性学会. 2019年5月20日閲覧。
  3. ^ インタビュー:農林水産省大臣官房政策課企画官 木村 俊昭さん(上) | メールマガジン | JIAM 全国市町村国際文化研修所” (日本語). www.jiam.jp. 2018年8月13日閲覧。
  4. ^ インタビュー:農林水産省大臣官房政策課企画官 木村 俊昭さん(中) | メールマガジン | JIAM 全国市町村国際文化研修所” (日本語). www.jiam.jp. 2018年8月13日閲覧。
  5. ^ 地域活性学会とは[役員]  地域活性学会|The Japan Association of Regional Development and Vitalization”. www.hosei-web.jp. 2018年8月13日閲覧。
  6. ^ インタビュー:農林水産省大臣官房政策課企画官 木村 俊昭さん(下) | メールマガジン | JIAM 全国市町村国際文化研修所” (日本語). www.jiam.jp. 2018年8月13日閲覧。
  7. ^ 「“ばかもの”が、うねりを起こす」 公務員・木村俊昭 - プロフェッショナル 仕事の流儀”. NHK. 2017年11月5日閲覧。
  8. ^ テキストアーカイブ | BSフジ LIVE プライムニュース” (日本語). www.bsfuji.tv. 2018年8月16日閲覧。
  9. ^ たけしのニッポンのミカタ! : テレビ東京”. www.tv-tokyo.co.jp. 2018年8月13日閲覧。
  10. ^ 株式会社毎日放送(MBS). “キズナ食堂 | MBS”. www.mbs.jp. 2018年8月13日閲覧。
  11. ^ 研究者詳細 - 木村 俊昭” (日本語). dbs.nodai.ac.jp. 2018年8月13日閲覧。
  12. ^ “毎日フォーラム・木村俊昭の地域を変えるチカラ:長野県佐久市 - 毎日新聞” (日本語). 毎日新聞. https://mainichi.jp/articles/20170309/org/00m/010/015000c 2018年8月13日閲覧。 
  13. ^ “毎日フォーラム・木村俊昭の地域を変えるチカラ:実学・現場重視の「日本地域創生学会 - 毎日新聞” (日本語). 毎日新聞. https://mainichi.jp/articles/20171206/org/00m/010/016000c 2018年8月13日閲覧。 
  14. ^ プロフェッショナル 仕事の流儀 第VI期 公務員 木村俊昭の仕事 “ばかもの”が、うねりを起こす [DVD]”. amazon. 2019年5月20日閲覧。

  

外部リンク編集