メインメニューを開く

木村 光彦(きむら みつひこ、1951年 - )は、日本経済学者。専門は開発経済学東アジア経済神戸大学大学院国際協力研究科教授を経て、青山学院大学国際政治経済学部国際経済学科教授。

人物・経歴編集

東京都[1]財政学木村元一一橋大学経済学部教授の三男として生まれる[2]北海道大学経済学部卒業後、大阪大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得満期退学[3]。専門は開発経済学東アジア経済で[1][4]、1989年論文「近代朝鮮経済の研究」で大阪大学経済学博士の学位を取得[5]

1979年大阪大学経済学部助手。1981年名古屋学院大学経済学部専任講師。1985年名古屋学院大学経済学部助教授。1992年帝塚山大学経済学部教授[3]神戸大学大学院国際協力研究科教授を経て、青山学院大学国際政治経済学部国際経済学科教授[6]

著書編集

  • 『植民地下台湾,朝鮮の民族工業』名古屋学院大学産業科学研究所 1981年
  • "North Korean industry, 1946-50"一橋大学経済研究所 1997年
  • 『北朝鮮経済の分析方法:文献と統計』一橋大学経済研究所 1998年
  • 『北朝鮮農業の分析 : 1960-70年代の非数量データを中心に』一橋大学経済研究所 1998年
  • 『1945-50年の北朝鮮財政資料』一橋大学経済研究所 1999年
  • 『北朝鮮の経済 : 起源・形成・崩壊』創文社 1999年
  • 『1945-48年の北朝鮮産業資料』一橋大学経済研究所 2000年
  • 『북한의 경제 : 기원・형성・붕괴』혜안 2001年
  • 『1945-50年北朝鮮経済資料集成』(鄭在貞と共編)東亜経済研究所 2001年
  • 『北朝鮮の軍事工業化 : 帝国の戦争から金日成の戦争へ』(安部桂司と共著)知泉書館 2003年
  • 『戦後日朝関係の研究 : 対日工作と物資調達』(安部桂司と共著)知泉書館 2008年
  • 『旧ソ連の北朝鮮経済資料集 : 1946-1965年』(編訳)知泉書館 2011年
  • 『北朝鮮経済史 : 1910-60』知泉書館 2016年
  • 『日本統治下の朝鮮 : 統計と実証研究は何を語るか』中公新書 2018年

脚注編集