メインメニューを開く

木村 吉光(きむら よしみつ、1996年8月23日 - )は、日本プロボクサー香川県善通寺市出身。第2代日本スーパーフェザー級ユース王者白井・具志堅スポーツジム所属。

木村 吉光
基本情報
階級 スーパーフェザー級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1996-08-23) 1996年8月23日(23歳)
出身地 香川県善通寺市[1]
スタイル オーソドックス[2]
プロボクシング戦績
総試合数 12
勝ち 11
KO勝ち 6
敗け 1
テンプレートを表示

人物編集

幼稚園の頃から空手をやっており、中学からはキックボクシングをやっていた(プロ5勝(4KO)1分)[3]

尽誠学園高校へ進学後ボクシングを始めて、高校卒業後に恩師が紹介した白井・具志堅スポーツジムに入門[4]

来歴編集

2015年5月10日に後楽園ホールで西川勇気とスーパーフェザー級4回戦を戦い、4回3-0(39-37、39-36×2)の判定勝ちを収めてデビュー戦を白星で飾った[5]

2016年東日本フェザー級新人王として、西軍代表澤井剛志を相手に4回3-0(38-37×2、38-38)の判定勝ちを収めて全日本新人王を獲得した[6]。なおこの勝利によってJBCの発表した最新ランキングで初めてフェザー級日本ランク入りを果たす[7]

その後2連勝して、2018年4月12日に後楽園ホールで行われた「ダイヤモンドグローブ」にてWBOアジアパシフィックフェザー級王者のリチャード・プミクピックとWBOアジアパシフィックフェザー級タイトルマッチを行い、12回0-3(112-116×2、113-115)の判定負けを喫し、王座獲得に失敗してプロ初黒星となった[8][9]

同年7月30日に後楽園ホールで行われた「協栄会2」のメインイベントで日本ユーススーパーフェザー級王者の三瓶数馬と日本ユーススーパーフェザー級タイトルマッチを行い、5回1分29秒TKO勝ちを収めて日本ユース王座獲得に成功した[10]。なおこの試合で東日本ボクシング協会から2018年7月度月間賞敢闘賞を受賞した[11]

2019年2月14日、後楽園ホールにてフィリピンスーパーフェザー級王者のアラン・バレスピンと対戦し、2回1分17秒KO勝ちを収めた[12]

2019年3月19日付けで、日本スーパーフェザー級ユース王座を返上した[13]

2019年6月13日、後楽園ホールでジュール・ビクトリアノと対戦し、ダウンを奪われながらも5回2分53秒TKO勝ちを収めた[14]

獲得タイトル編集

戦績編集

  • プロボクシング - 13戦12勝1敗0分(7KO)
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2015年5月10日 勝利 4R 判定3-0 西川勇気(三迫   日本 プロデビュー戦
2 2015年11月7日 勝利 1R 1:45 KO 成沢哲(スパイダー根本)   日本
3 2016年3月5日 勝利 4R 判定3-0 片山佑一(RK蒲田)   日本
4 2016年5月13日 勝利 4R 1:13 TKO 松澤拳(宮田   日本 2016年東日本フェザー級新人王予選
5 2016年7月27日 勝利 1R 2:45 TKO 白石将晃(帝拳   日本 2016年東日本フェザー級新人王予選
6 2016年11月13日 勝利 5R 判定3-0 新座宏(フラッシュ赤羽)   日本 2016年東日本フェザー級新人王決勝戦
7 2016年12月23日 勝利 4R 判定2-0 澤井剛志 (グリーンツダ)   日本 2016年全日本フェザー級新人王決勝戦
8 2017年8月10日 勝利 6R 判定3-0 中川兼玄(三迫)   日本
9 2017年11月20日 勝利 1R 2:10 TKO エークギティ・モークルンテープトンブリー   タイ
10 2018年4月12日 敗北 12R 判定0-3 リチャード・プミクピック   フィリピン WBOアジアパシフィックフェザー級タイトルマッチ
11 2018年7月30日 勝利 5R 1:29 TKO 三瓶数馬協栄   日本 日本ユーススーパーフェザー級タイトルマッチ
12 2019年2月14日 勝利 2R 1:17 KO アラン・バレスピン   フィリピン
13 2019年6月13日 勝利 5R 2:53 TKO ジュール・ビクトリアーノ   フィリピン
テンプレート

脚注編集

  1. ^ 木村(善通寺出身)が新人王 フェザー級 プロボクシング全日本決定戦 四国新聞社 2016年12月24日
  2. ^ BoxRecレーティング 【国内/男子】フェザー級 (57.15 kg以下) BOXINGアンテナ
  3. ^ 木村吉光「スパーリング80回」王者戦へ手応え十分 日刊スポーツ 2018年4月11日
  4. ^ 23日にボクシング全日本新人王決定戦 木村(善通寺市出身)「勝つ自信ある」 四国新聞社 2016年12月14日
  5. ^ 2015年5月試合結果 日本ボクシングコミッション
  6. ^ 全日本新人王決定戦、MVP吉開右京、技能は福永亮次 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年12月23日
  7. ^ 2016年12月度ランキング 日本ボクシングコミッション
  8. ^ 木村吉光WBO・AP戦敗れる 警官ボクサーがデビュー Boxing News(ボクシングニュース) 2017年10月21日
  9. ^ 木村吉光 号泣 タイトル初挑戦は判定負け「相手のクリンチがうまく、足を使えなかった スポニチ 2018年4月12日
  10. ^ 木村吉光が三瓶数馬をTKO 日本ユース王座獲得 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年7月30日
  11. ^ 7月の月間MVPは和氣慎吾、敢闘賞は木村吉光 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年8月9日
  12. ^ 堀川謙一が8回TKO勝ち 日本LF級王座返り咲き Boxing News(ボクシングニュース)2019年2月14日
  13. ^ 木村吉光がユース王座返上 ボクシングモバイル 2019年3月20日
  14. ^ 田中教仁が日本王座初防衛 春口直也にリベンジ Boxing News(ボクシングニュース)2019年6月13日

関連項目編集

外部リンク編集