メインメニューを開く

木村好夫

日本のギタリスト、作曲家 (1934-1996)

木村 好夫(きむら よしお、1934年10月9日[1] - 1996年7月5日)は、日本作曲家ギタリスト東京都出身。ジャズギター界で「黄金の指を持つ男」の異名を持つ人物。後に演歌歌謡曲に転向し、美空ひばり五木ひろしをはじめ、様々な歌手のレコーディングやコンサートに参加、多くの名演を残した。1996年7月5日肝不全のため62歳で死去。

木村好夫
生誕 1934年10月9日
出身地 日本の旗 日本 東京都
死没 (1996-07-05) 1996年7月5日(61歳没)
ジャンル ジャズ
演歌
歌謡曲
職業 作曲家
ギタリスト
担当楽器 ギター

概要・来歴編集

木村は最初、エレキギターを弾き、ザ・ブルービーツでリードギターを担当。その後、木村好夫とザ・ビィアーズを結成し、主に演歌のLPレコードなどを数多く発表した。また、テナーサックス奏者の松浦ヤスノブとの共演も多く、コロムビア、ビクター、キングなどで数々のアルバムを発売した。また、作曲家としても活動し、五木ひろしの「おまえとふたり」「倖せさがして」石原裕次郎の「雪なさけ」天童よしみのデビュー曲「風が吹く」などを作曲した。 木村は1994年ころから体調を崩し、一度倒れた後、「俺はもうギターが弾けない!」と嘆いたという。以後入退院を繰り返し、1996年に肝不全のため62歳という若さで死去した。

主要シングル作品編集

著書編集

  • 演歌の真髄

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ プロフィール| 木村好夫 | 日本コロムビアオフィシャルサイト” (日本語). 日本コロムビア公式サイト. 2019年3月12日閲覧。

関連項目編集