メインメニューを開く

つるおか菓子処 木村屋(通称鶴岡木村屋(つるおかきむらや))は、山形県鶴岡市に本社を置く菓子製造業者。

有限会社 木村屋
種類 有限会社
本社所在地 日本の旗 日本
997-0028
山形県鶴岡市山王町9-25
北緯38度43分48.0秒 東経139度49分59.7秒 / 北緯38.730000度 東経139.833250度 / 38.730000; 139.833250座標: 北緯38度43分48.0秒 東経139度49分59.7秒 / 北緯38.730000度 東経139.833250度 / 38.730000; 139.833250
設立 1887年(明治20年)
業種 小売業
事業内容 和洋菓子・パン製造販売
代表者 吉野隆一
資本金 3,960万円
従業員数 140名
外部リンク https://kimuraya.co.jp/
テンプレートを表示

歴史編集

「木村屋」の名称は初代吉野民吉が東京銀座の木村屋總本店で修業し、暖簾分けを許されたことに由来する。民吉をモデルとした「小説明治あんぱん男[1]」によれば、木村屋本家の三代目に誘われて、一度は新潟への出店を考えていたが、当時の新潟ではまだパンの需要が少なく、同じ日本海側にある酒田港か秋田港に海軍の施設が出来るとの話から、急遽北に向かったと書かれている。

脚注編集

  1. ^ 小説明治あんぱん男. NextPublishing Authors Press; 2版. (2018/1/20). 

外部リンク編集