メインメニューを開く

有限会社 木村屋(きむらや、通称:つるおか菓子処木村屋(つるおかかしどころきむらや)、英称:Tsuruoka KIMURAYA)は、山形県鶴岡市に本社を置く菓子製造販売業者。創業は1887年明治20年)。東京銀座木村屋總本店からのれん分けされた店の1つで、同社の全国組織である「木村屋睦会」に所属している。

有限会社 木村屋
種類 有限会社
本社所在地 日本の旗 日本
997-0028
山形県鶴岡市山王町9-25
北緯38度43分48.0秒 東経139度49分59.7秒 / 北緯38.730000度 東経139.833250度 / 38.730000; 139.833250座標: 北緯38度43分48.0秒 東経139度49分59.7秒 / 北緯38.730000度 東経139.833250度 / 38.730000; 139.833250
設立 1887年(明治20年)
業種 小売業
法人番号 1390002008935
事業内容 和洋菓子・パン製造販売
代表者 吉野隆一
資本金 3,960万円
従業員数 140名
外部リンク https://kimuraya.co.jp/
テンプレートを表示

概要編集

銀座の木村屋總本店で修業した初代・吉野民吉がのれん分けを許され、現在の鶴岡市山王町(当時は荒町)で開業した。同社ホームページによれば、山形県初のパン屋だったという[1]

民吉は初めは總本店の3代目木村儀四郎に伴われて新潟へ行き、新潟での出店を模索していたという。創業当初は「東京木村屋鶴岡出張所」という看板を出していた[2]

民吉をモデルとした『小説明治あんぱん男』[3][要ページ番号]が発売されている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 木村屋のこだわり - 木村屋
  2. ^ 鶴岡市史下巻. 鶴岡市. p. 691. 
  3. ^ 小説明治あんぱん男. NextPublishing Authors Press; 2版. (2018/1/20). 

外部リンク編集