木村幌

日本の男性声優

木村 幌(きむら あきら、1933年6月2日[2] - 1981年4月19日)は、日本男性声優ナレーター東京演劇アンサンブル運営委員[1]東京都出身。

きむら あきら
木村 幌
プロフィール
性別 男性
出生地 日本の旗 日本 東京都[1]
死没地 日本の旗 日本 東京都
生年月日 (1933-06-02) 1933年6月2日
没年月日 (1981-04-19) 1981年4月19日(47歳没)
職業 声優ナレーター
事務所 東京演劇アンサンブル[1]
公称サイズ([1]時点)
身長 / 体重 175 cm / 78 kg
活動
活動期間 1960年代 - 1981年[要出典]
声優テンプレート | プロジェクト |

代表作は「宇宙戦艦ヤマトシリーズ」のナレーション、『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』『宇宙戦艦ヤマト2』(土方竜)、『宇宙戦艦ヤマトIII』(ラム)など。洋画ではグレン・フォードの吹き替えが有名。

経歴編集

城北高等学校[要曖昧さ回避]卒業[1]俳優座養成所を5期生として卒業し、劇団三期会(後の東京演劇アンサンブル)に入団[3]。声質・声種は「やわらかで、ゆたかなテノール[3]」。おもにグレン・フォードエドモンド・オブライエン等の洋画吹き替えで活躍した。また、『宇宙戦艦ヤマト』では「無限に拡がる、大宇宙…」という台詞で名ナレーションとなった。ナレーションだけでなく、その続編ではメインキャラクターの土方艦長役として出演した。 仲間内では、名前の幌を読み替えた「ほろさん」というあだ名で親しまれた。

1981年4月19日午前10時47分に肝硬変のため帝京大学医学部附属病院で死去(47歳没)[4][5]。所属していた「東京演劇アンサンブル」によれば、火葬のあと、きれいに美しい型をした喉仏が残ったとのことである[6]

後任編集

木村の没後、持ち役を引き継いだのは以下の通り。

後任・代役 キャラクター名 概要作品 後任・代役の初担当作品
大塚明夫 土方竜 さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち
宇宙戦艦ヤマト2
PSゲームさらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち
森山周一郎 『特打ヒーローズ 宇宙戦艦ヤマト 〜タイピング拡散波動砲〜』
山寺宏一 アオイホノオ
池田勝 トニー・ビンセント 事件記者コルチャック DVD-BOX追加収録部分
星野貴紀 ジョン・スミス少佐 荒鷲の要塞』日本テレビ新版 ムービープラス追加収録部分

出演作品編集

テレビドラマ編集

映画編集

  • ドレイ工場(1968年) - 主演・大村委員長
  • 不毛地帯(1976年)

テレビアニメ編集

劇場アニメ編集

吹き替え編集

俳優編集

ウィリアム・ホールデン
エドモンド・オブライエン
  • 殺人者(リアダン)
  • 潜望鏡を上げろ
  • 白熱(ハンク・ファロン)(NET版)
  • 裸足の伯爵夫人(オスカー・マルドゥーン)(NET版、東京12チャンネル版=DVD収録)
  • 夜のジョニー
グレン・フォード
  • カウボーイ(トム・リース)(新録版)
  • 恐怖の48時間(ドック・ルーベン)
  • 決断の3時10分(ベン・ウェイド)
  • コロラド(オーウェン・デヴロー大佐)
  • 縄張り(ジェースン・スウィート)
  • パリは燃えているか(オマー・ブラッドレー将軍)(日本テレビ版=HDリマスター版BD収録)
  • 復讐は俺に任せろ(デイヴ・バニオン巡査部長)
  • 不時着(サム・C・マクベイン)
  • 雷撃命令(バーニー・ドイル)
ヘンリー・フォンダ

実写編集

脚注・出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 『日本タレント名鑑(1981年版)』VIPタイムズ社、1980年、63頁。
  2. ^ 木村幌(きむらあきら)の解説”. goo人名事典. 2020年2月3日閲覧。
  3. ^ a b 『声優の世界-アニメーションから外国映画まで』朝日ソノラマファンタスティックコレクション別冊〉、1979年10月30日、79頁。
  4. ^ 読売新聞1981年4月20日朝刊23面
  5. ^ 朝日新聞1981年4月20日朝刊23面
  6. ^ 『ロマンアルバム・デラックス43 宇宙戦艦ヤマトIII』1981年 徳間書店、122頁。
  7. ^ a b 宇宙戦艦ヤマト2”. メディア芸術データベース. 2016年10月8日閲覧。
  8. ^ a b 宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち”. バンダイビジュアル. 2016年6月13日閲覧。
  9. ^ 宇宙戦艦ヤマト 劇場版”. バンダイビジュアル. 2016年6月13日閲覧。
  10. ^ さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち”. バンダイビジュアル. 2016年6月13日閲覧。

外部リンク編集