メインメニューを開く

木村庄之助 (19代)

大相撲の行司、19代木村庄之助

19代木村庄之助(じゅうきゅうだい きむらしょうのすけ、1869年 - 1932年5月30日 )は、大相撲立行司の一人。木村庄之助としての在位期間は1926年1月1932年5月。所属は若藤部屋 - 友綱部屋 - 入間川部屋 - 出羽ノ海部屋

目次

人物編集

東京府本所(現・東京都墨田区両国)出身。本名は鬼頭多喜太。9代式守伊之助の弟子で1885年1月場所、式守多喜太の行司名で初土俵

名行司として知られ、立行司昇格まで長く式守与太夫(5代)の名を名乗り、3代式守勘太夫3代式守錦太夫とともに「名行司三太夫」と呼ばれていた。

歯切れのよい声と正確な裁き、そして威厳があり、堂々とした行司であったと言われる。22代木村庄之助は、木村越後大坂相撲の名行司)、松翁20代木村庄之助とともに、戦前の名行司三傑のうちの一人と評価している。

1932年春秋園事件が起こった頃に病気となり、そのまま現役で没した。64歳没。

1917年4月29日の台覧相撲編集

1917年4月29日に行われた皇太子(→昭和天皇)の誕生日祝賀の際に余興で行われた相撲では、東西の花道は竹垣で囲われ、勝ち力士に贈られる桜菊の造花もそこに並べられ、勝者はこれをかざして支度部屋に引き上げた。取組は御前掛かりの古式に則り、東西に1人ずつの言上行司が置かれ、力士が登場するごとにその名を皇族に告げた。力水は羽織袴姿の役員が行い、行司の発声は故実にあるように「よい、はっ」。台覧相撲は行司が「勝負」と声を掛けるのを合図に待ったなしで立つのだが、途中から本場所通りの立合いでもよいとの"御沙汰"があったため、これに従うことになった。3人の皇族は熱心に観戦し、番外お好み5番勝負の九州山栃木山の一番は「本場所にても見られぬほどの大相撲となりしかば、三殿下には殊の外ご機嫌麗しかりき」と翌4月30日東京日日新聞が伝えている。それに続き大錦小常陸両国西ノ海宮城山逆鉾盛吉大響千葉ヶ崎太刀山黒瀬川敷島をそれぞれ相手に、4横綱ぶつかり稽古の型を披露した。結びで勝った横綱太刀山の代わりに彼が弓取式を行っている[1]。(※弓取式は本来は力士が行うものである。)

履歴編集

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ 『大相撲ジャーナル』2017年8月号 p98-99

外部リンク編集