メインメニューを開く

木村庄之助 (29代)

大相撲の行司、29代木村庄之助

29代 木村 庄之助(きむら しょうのすけ、本名:櫻井 春芳(さくらい はるよし、旧姓・梯(かけはし))、1936年3月26日 - )は、大相撲立行司の一人。木村庄之助としての在位期間は1995年1月-2001年3月二所ノ関部屋所属。

29代木村庄之助 Sumo pictogram.svg
基礎情報
行司名 木村春芳 → 式守春芳 → 木村壽男 → 木村春義 → 木村真之助 → 式守真之助 → 2代式守慎之助 → 9代式守錦太夫 → 28代式守伊之助 → 29代木村庄之助
本名 櫻井 春芳
生年月日 1936年3月26日
出身 高知県香南市香我美町岸本(旧香美郡香我美町
所属部屋 二所ノ関部屋
データ
現在の階級 引退
最高位 立行司
初土俵 1945年11月
幕内格 1980年1月場所
三役格 1992年1月場所
立行司 1994年5月場所
引退 2001年3月場所
備考
2019年4月27日現在

人物編集

高知県香南市香我美町岸本(旧香美郡香我美町)出身。

幼少期、岸本の漁師、梯長太郎の養子となる。香南市立岸本小学校4年生の時に、隣人で園芸を営む相撲愛好家河村重寅氏に 「どうか、東京に行ってみないか」 と言われ、故郷を離れ、二所ノ関部屋に入門[1]1945年11月に木村春芳の名で初土俵。のちに師匠の三役格行司・9代式守与太夫 (7代式守錦太夫) の養子となり、房錦は義理の兄になった。序ノ口格で13代木村玉之助の付人になり、式守春芳、木村壽男、木村春義、木村真之助、式守真之助に改名したのち、1963年1月に十両格に昇格、養父の前名である2代式守慎之助を襲名。1980年に1月に幕内格に昇格。1985年1月に養父の跡を継ぎ、9代式守錦太夫を襲名。1992年1月三役格に昇格。

1993年7月に27代伊之助、同年11月には28代庄之助立行司が相次いで停年退職した。通常三役格行司から立行司に昇格させるが、3人ともまだ三役格に昇格して年数が経っていないため、立行司昇格は見送られ、1994年1月場所と1994年3月場所の2場所の間は史上初の立行司不在とし、同じ三役格の3代木村善之輔8代式守勘太夫とともに立行司昇格を争った。これを勝ち抜いて1994年5月に立行司28代伊之助を襲名。その4場所後の1995年1月に29代庄之助を襲名。以後6年間にわたって行司の最高位を務めた。庄之助の在位期間38場所は行司停年制実施以降では27代庄之助に次いで2位。

やや鼻のつまったような声(「タカローハラー」、「アケボロー」など)が特徴的であった。

軍配編集

  • 幕内格初期の頃までは木目基調の軍配を使用、9代式守錦太夫を襲名後、黒漆塗りの「中道実相」と記された軍配を使用。(この軍配は後に式守錦太夫の譲り団扇となる。)他にも黒漆無地の軍配を時々使用。
  • 28代式守伊之助昇格直前に、「平常心」と記された軍配を用いるようになり、その後、立行司在任中、東京場所では主に千秋楽のみ(譲り団扇を使うため使用しないこともあった)、地方場所では15日間通しで使用していた(地方場所では、時々別の軍配を使用することもあった)。また、ほんの一時期ではあるが軍配の表面「平常心」が書かれた面を裏面として使用していた時期もあった。
  • 29代木村庄之助昇格後は、東京場所で代々庄之助に伝わる譲り団扇を交互に使用していた(期間は特にきまっていない)。

その他編集

  • 入門後すぐにホームシックで故郷に逃げ帰ったが、近所の人に連れ戻され、実家へ帰りつくことはできなかった[2]
  • 武双山が勝った取り組みにおいて、勝ち名乗りをあげる際に誤って「武蔵丸」と言ってしまい、直後に気づいて「武双山」と言い直したことがある。

履歴編集

著書編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 中村豊(1995) 「第一項 桜井 春芳」 『宇多の松原 岸本小学校創立百二十周年記念誌』、pp.181-184、香我美町立岸本小学校。
  2. ^ 櫻井春芳(1995)「岸本小学校と高井先生との出会い」 『宇多の松原 岸本小学校創立百二十周年記念誌』、pp.269-270、香我美町立岸本小学校。

関連項目編集