メインメニューを開く

木村 慎太郎(きむら しんたろう、1987年6月30日 - )は、日本陸上競技選手。専門は短距離走奈良県磯城郡三宅町出身。奈良県立添上高等学校から早稲田大学を経て、現在はアシックスに所属している。

木村 慎太郎 Portal:陸上競技
Flickr - tpower1978 - Japan Athletics Championships.jpg
2008年日本選手権(左端)
選手情報
フルネーム 木村慎太郎
ラテン文字 Shintaro Kimura
国籍 日本の旗 日本
種目 短距離走
所属 アシックス (2010年 - )
大学 早稲田大学 (2006年 - 2010年)
生年月日 (1987-06-30) 1987年6月30日(32歳)
出身地 日本の旗 日本 奈良県磯城郡三宅町
身長 171cm
体重 68kg
引退 2014年
成績
世界選手権 世界選手権
100m 2次予選3組8着(2009年
地域大会決勝 東アジア競技大会
100m 2位(2009年
国内大会決勝 日本選手権
100m 2位(2009年
国民体育大会
成年100m 優勝(2010年
自己ベスト
100m 10秒21(2009年)
200m 21秒03(2009年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

経歴編集

式下中学校3年だった2002年に、全日本中学校陸上競技選手権100mで優勝した。10月のジュニアオリンピック陸上競技大会のB男子100mも11秒03(-0.6)で優勝し、2003年2月の日本ジュニア室内陸上競技大会の中学60mも6秒95の大会記録で優勝した[1]

添上高校3年時には、インターハイの100mで2位、国民体育大会少年A100mで4位、日本ジュニア室内60mで優勝を果たした。2006年に早稲田大学に入学。

2006年の大学1年時には日本インカレに出場したが、100mは11秒09の予選3組7着で敗退した。4×100mリレーは予選で1走を務めて決勝進出に貢献するも、決勝は出番なしに終わった(決勝の早稲田の結果は2位)。

2007年の大学2年時、6月の日本インカレ100mは10秒78の準決勝2組3着で敗退し、初の決勝進出はならなかった。しかし、4×100mリレーでは予選で3走、決勝で1走を務め、2位入賞に貢献した。9月の全日本学生陸上競技チャンピオンシップ100mは10秒42で優勝を果たした。

2008年の大学3年時には、6月の日本学生個人選手権100mを10秒38の自己ベスト(当時)で優勝すると、同月の日本選手権100mでは塚原直貴朝原宣治に次ぐ3位入賞を果たした。9月の日本インカレ100mでは初めて決勝に進出して5位、4×100mリレーでは1走を務めて優勝した。同月の早慶対抗陸上競技会4×200mリレーではアンカーを務め、江里口匡史らとともに1分22秒67の日本記録(当時)を樹立した。

2009年日本選手権100mでは、予選で自己ベストの10秒21を記録した。決勝でも江里口に次ぐ2位になり(記録は10秒22)、世界選手権の代表に選ばれた。8月の世界選手権では、2次予選のスタート前に遅延行為で警告を受け、10秒54で敗退した[2]。9月の日本インカレでは、100mで江里口匡史に次ぐ2位、4×100mリレーは決勝のみ出場し、2走を務めて連覇を達成した。12月の東アジア大会では、100m、4×100mリレーでともに銀メダルを獲得した[3]

2010年日本選手権100mで8位に終わったが、IAAFコンチネンタルカップの4×100mリレーで「アジア・太平洋」の4走を務め2位に入った。全日本実業団選手権を制した後、10月の国民体育大会でも10秒31を記録して優勝した[4][5]

2011年、5月のゴールデングランプリ川崎に出場し、100mは10秒54(-0.8)の4位、4×100mリレーでは日本Aチームの2走を務めて38秒78で優勝した。9月の全日本実業団選手権100mでは、塚原直貴に次ぐ2位に終わり連覇を逃した。10月の国民体育大会成年100mでは、決勝で10秒27(+1.8)を記録して4位に終わった。

2012年、6月の日本選手権100mには2年ぶりの出場を果たし、10秒55(0.0)の7位に終わった。9月の全日本実業団選手権では、100mは11秒31(-0.6)の準決勝1組8着、200mは22秒29(-1.0)の予選3組6着で敗退した。

2013年、6月の日本選手権100mに出場し、10秒56(+0.9)の予選2組5着で敗退した。

2014年、6月の日本選手権100mに出場し、10秒54(+0.7)の予選2組5着で敗退した。同月28日の大阪選手権100mに出場し、10秒95(+1.0)の予選3組5着で敗退した。その日の夜に、大阪選手権を最後に競技生活から退くことを自身のtwitterで明らかにした[6]。10月12日の所沢市選手権で引退記念レースが行われたが、写真判定機故障のため記録なしに終わった[7]

主な成績編集

大会 種目 順位 記録 備考
2009年 ユニバーシアード 100m 準決勝敗退 10秒49 1組6着
4×100mリレー 予選失格 1,2走間でオーバーゾーン
世界選手権 100m 2次予選敗退 10秒54 3組8着
東アジア競技大会 100m 2位 10秒39
4×100mリレー 2位 39秒40
2010年 コンチネンタルカップ 4×100mリレー 2位 39秒28 アジア太平洋チーム

記録編集

種目 記録 年月日 場所 備考
100m 10秒21 (+1.4) 2009年6月27日   広島 奈良県記録
200m 21秒03 (+0.8) 2009年5月24日   東京

脚注編集

  1. ^ 三段跳びで藤林が連覇/日本ジュニア室内陸上”. 四国新聞社 (2003年2月11日). 2014年10月15日閲覧。
  2. ^ 世界陸上ベルリン 男子100m2次予選 TBSテレビ. 2011年3月29日閲覧
  3. ^ Ram. Murali Krishnan (2009-12-12).China's Liu Qing completes double but overall it's Japan's day - East Asian Games, Day 3 IAAF.
  4. ^ 陸上男子百は木村V、塚原2位 全日本実業団最終日 共同通信社 (2010-09-26). 2011年3月28日閲覧
  5. ^ 福島千里、大会新で初V 陸上成年女子100 千葉国体 朝日新聞社 (2010-10-02). 2011年3月28日閲覧
  6. ^ @kimurash0630 twitter (22:48 - 2014-6-28) 2014年6月30日閲覧。
  7. ^ 第15回所沢市陸上競技選手権大会”. 早稲田大学競走部 (2014年10月12日). 2014年10月15日閲覧。

外部リンク編集

記録
先代:
早稲田大学
(1分22秒94)
穴井伸也、田村和宏、佐藤真太郎、中川博文
4×200mリレー日本記録保持者
(1分22秒67)

早稲田大学
江里口匡史、楊井佑輝緒、木原博、木村慎太郎

2008年9月27日 - 2013年9月22日
次代:
早稲田大学
(1分22秒41)
木村賢太、竹下裕希、愛敬彰太郎、永沼賢治
先代:
早稲田大学
(39秒16)
中川裕介、相川誠也大前祐介、野田浩之
北村和也、大前祐介、中川裕介、相川誠也
日本選手権リレー4×100mリレー大会記録保持者
(38秒97)

早稲田大学
江里口匡史、木村慎太郎、楊井佑輝緒、木原博

2008年10月24日 - 2014年11月1日
次代:
法政大学
(38秒81)
西垣佳哉、大瀬戸一馬、冨田智、長田拓也
先代:
永坂佳紀
(7秒00)
日本ジュニア室内中学60m大会記録保持者
(6秒96 - 6秒95)

2003年2月11日 - 2010年2月11日
次代:
大瀬戸一馬
(6秒87)