木村 明生(きむら あきお、1925年4月27日[1]- 2017年3月1日[2])は、ソ連ロシア研究者、青山学院大学名誉教授。

人物編集

岡山県倉敷市生まれ。1950年旧制京都大学文学部哲学科卒業。朝日新聞社モスクワ支局長、同調査研究室主任研究員、青山学院大学国際政治経済学部教授、2001年定年退任、名誉教授。日ロ交流協会常任理事。

著書編集

  • 『なかから見たソ連』朝日新聞社、1971
  • クレムリン物語 ソビエト権力の構図』朝日新聞社、1977
  • 『ソ連 その虚像と実像 体験的社会主義論』泰流社、1977
  • 『「ブレジネフ時代」論』教育社入門新書 1978
  • 『ソ連・東欧関係 求心力と遠心力』教育社入門新書 1979
  • 『ソビエト外交論』泰流社、1980
  • 『ソ連の国家構造』教育社入門新書 1980
  • 『「発達した社会主義」の実像 ソビエト社会論』泰流社、1982
  • 『ロシア・ソ連人の日本観 なぜ北の隣人はわれわれの文化に敬愛の情を抱き続けるのか』PHP研究所、1984
  • 『クレムリン権力のドラマ レーニンからゴルバチョフへ』1985 朝日選書
  • 『現代ソ連の国家と政治』教育社、1987
  • 『ソ連共産党書記長』1987 講談社現代新書
  • 『新ロシア革命 ゴルバチョフからエリツィンへ』太陽企画出版、1991
  • 『新生ロシア混迷から再生へ』時事通信社、1994
  • 『ロシア・ソ連・ロシア 断絶と継承の軌跡』彩流社、2000
  • 『ロシア同時代史権力のドラマ ゴルバチョフからプーチンへ』2002 朝日選書
  • 『知られざる隣人たちの素顔 ユーラシア観察60年』防衛弘済会、2007

翻訳編集

  • 『ソ連における良心の囚人 アムネスティ・インターナショナル報告書』長井康平共訳 朝日新聞社、1977
  • ジョン・ドーンバーグ『ブレジネフ』監訳 朝日イブニングニュース社、1978
  • 米下院外交委員会編『微笑と脅し ソ連流交渉術』松島明共訳 サイマル出版会、1980
  • コンスタンチン・サイミス『ソビエト権力と腐敗 汚職社会の構図』PHP研究所、1982
  • ダスコ・ドーダー『影と噂 クレムリンが震撼した日』ティビーエス・ブリタニカ、1987
  • ウィリアム・R.コーソン,ロバート・T.クローリー『フェリックスの末裔たち ソ連国家の推進力-KGB』朝日新聞社、1989
  • リチャード・ディーコン『ロシア秘密警察の歴史 イワン雷帝からゴルバチョフへ』心交社、1989
  • パヴェル&アナトーリー・スドプラトフ著 ジェロルド&レオナ・シェクター編『KGB衝撃の秘密工作』監訳 ほるぷ出版、1994

脚注編集

  1. ^ 『現代日本人名録』
  2. ^ “現代ロシア論、木村明生・青学大名誉教授が死去”. 読売新聞. (2017年3月3日). http://www.yomiuri.co.jp/culture/20170303-OYT1T50086.html 2017年3月3日閲覧。 

外部リンク編集