木村 栄(きむら ひさし、旧字体:1870年10月4日明治3年9月10日)- 1943年昭和18年)9月26日)は、日本天文学者理学博士

木村 栄
(きむら ひさし)
Dr. Kimura Hisashi.jpg
生誕 1870年10月4日明治3年9月10日
日本の旗 日本 石川県金沢市
死没 (1943-09-26) 1943年9月26日(72歳没)
日本の旗 日本 東京都世田谷区
研究分野 天文学
研究機関 緯度観測所
出身校 東京帝国大学
主な業績 位置天文学の研究
Z項の発見
主な受賞歴 学士院恩賜賞1911年
王立天文学会ゴールドメダル1936年
文化勲章1937年
プロジェクト:人物伝

石川県石川郡野村字泉野(現・石川県金沢市)出身[1]寺尾寿位置天文学[2][3]田中舘愛橘地球物理学を学んだ[2]。長女・伊登子は物理学者茅誠司と結婚したので[4]、茅は木村の娘婿にあたる[4]工学者茅陽一化学者茅幸二は孫[4]

目次

略歴編集

業績編集

1902年(明治35年)に緯度変化のZ項を発見した[1][5]

著書編集

水沢での評価編集

水沢VLBI観測所がある岩手県奥州市水沢区では、この業績をたたえ、「Z」の文字を色々なところに使っている。

逸話編集

  • 月の裏にあるキムラクレーター(Kimura、1970年命名)の命名は、木村栄の功績を称えてのものである。
  • 宮沢賢治の童話『風野又三郎』(『風の又三郎』の先駆作品の一つ)には、水沢の緯度観測所でテニスに興じる「木村博士」が登場する場面がある。賢治自身が水沢緯度観測所をたびたび訪問しており、その際の見聞に基づくものと考えられている。
  • 夏目漱石は『学者と名誉』(1911年)という小論において、木村の業績のみを過度に称揚し、その他の学者には何ら目を呉れない帝国学士院の姿勢を批判している。
  • 早くかつ正確な暗算とそろばん術を身に付けており、全ての研究の計算に使われたのはそろばんであった[6]
  • 金沢市が設置する金沢ふるさと偉人館で、金沢ゆかりの偉人として紹介されている。

脚注・出典編集

関連項目編集

外部リンク編集