木村 浩(きむら ひろし、1925年3月8日 - 1992年10月30日)は、ロシア文学者

略歴編集

東京府生まれ。東京外国語大学卒、出版社勤務の後、法政大学横浜市立大学東京大学などで講師を務める一方、ロシアの小説作品を数多く訳し、特にアレクサンドル・ソルジェニーツィンの翻訳で知られ、本人と交流があり、ソルジェニーツィンの国外追放などソ連の模様もレポートした。静岡県立大学教授在任中に急逝。ほかに北野純北見一郎の筆名を用いていた。

著書編集

翻訳編集

エヴゲーニィ・オネーギン大尉の娘、ベールキン物語、スペードの女王

共編編集

脚注編集