木村 玉治郎(きむら たまじろう)は、立浪一門の部屋に所属する行司が襲名することが多い。時代によっては、玉次郎と名乗っていたこともある。

解説編集

この名跡の現在までの襲名者は6人で、17代木村庄之助19代式守伊之助27代木村庄之助37代木村庄之助立行司になる前に名乗っていた。

2003年1月に、27代木村庄之助の最後の弟子で立浪部屋木村雅之助が改名して6代目を襲名。本名:武田雅史。掛け声は師匠である27代木村庄之助の独特の掛け声を継承している。

玉治郎は初代から現6代目まで、師弟関係で継がれている。

なお、玉二郎(13代木村玉之助)は別系の人物。

襲名者代々編集

  • 17代木村庄之助が初代玉治郎(明治19年1月~明治27年5月)
  • 19代式守伊之助が3代玉治郎(大正2年5月~大正14年5月 大正13年1月のみ玉次郎と記される)
  • 27代木村庄之助が4代玉治郎(昭和22年11月~昭和48年11月 昭和29年3月、5月の2場所だけ玉次郎と記されたのは誤記)
  • 37代木村庄之助が5代玉治郎(昭和52年1月~平成14年11月)
  • 当代は6代目に当たる。(平成15年1月~ 平成26年1月より三役格)

※木村初太郎(木村玉治郎) 明治31年5月~同32年1月(2場所のみ)36人中19番目(裸足行司の可能性大) 所属部屋、初土俵(明治17年5月木村初太郎で番付初見 明治19年1月を最後に番付から消える 再び明治21年1月下位より番付に載る)、最終場所、本名、生年月日、没年月日、墓所、不詳。  初代との師弟関係、またはそれに近いものが確認されたので歴代(2代目)に加えられた。