メインメニューを開く

木村若友

木村 若友(きむら わかとも、本名:大森 政貫(おおもり まさつら)、1911年4月17日 - 2011年11月30日)は、日本浪曲師

目次

人物編集

福島県二本松市出身。1936年初代木村友衛に入門し、翌年初舞台を踏む。

長らく浪曲界の第一線で活躍し、晩年まで東京浅草木馬亭に出演した。

2011年4月、浪曲師としての長年の活躍と後進の指導を通じ日本伝統文化の継承に尽力したとして第45回吉川英治文化賞を受賞[1]

同年5月、国立演芸場で開かれることになっていた「百歳を祝う会」への出演の直前に楽屋で倒れ、回復に努めたが、11月30日、動脈瘤破裂のため死去[2]。100歳没。

主な演目編集

  • 塩原多助
  • 柳生親合試合

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 吉川英治賞(講談社、2011年12月6日閲覧)
  2. ^ “現役最高齢100歳 浪曲師の木村若友さん死去”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2011年12月6日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/12/06/kiji/K20111206002189730.html 2017年5月25日閲覧。 

外部リンク編集