メインメニューを開く

木村 荘平(きむら しょうへい、1841年7月 - 1906年4月27日)は、山城国(現在の京都府)出身の商人(牛肉商)[1]政治家・芝区会議員、東京市会議員、東京府会議員[2]実業家である。いろは合名会社業務担当社員[1]、東京家畜市場会社理事[3][4]、東京諸畜売肉商(肉卸問屋)組合頭取、東京博善株式会社取締役社長[1][2]、東京本芝浦鉱泉株式会社(温泉つき割烹旅館)社長、日本麦酒醸造会社(ヱビスビール)社長、東京商業会議所議員、日本商家同志会顧問。当時日本最大の牛鍋チェーン店「いろは」を経営し、「いろは大王」と謳われた。

来歴・人物編集

維新前後編集

1841年(天保12年)7月、山城国伏見(現在の京都市伏見区)に生まれる[4]。幼名を鹿蔵と称し、・庄兵衛の第二子である[5]。祖先は近江源氏で、武門の人であったが、故あって民間に下り、代々山城国宇治の田原に住し、代々「木村三右衛門」を称し、禁裏百姓となり、傍ら製茶並びに生渋の製造を業とし[4]、土地で有数の旧家であった[5]。父は次男のため伏見に別戸し、製茶及び青物商を業として「田原屋庄兵衛」といった[4]

幼時より喧嘩、口論を好み、7歳で寺子屋に預けられたが学業は不振で、3年間の勉学の後も自らの姓名しか書けなかったと伝えられる[5]1851年、11歳にして山城国内茶商得意廻り手代専務者に付添い製茶売り捌き業を見習い、13歳の春元服して該業を専務とし、丹波国製茶家等より買入れ、これを山城に売る[4]1855年力士を志して家出し、大坂の小野川秀五郎に入門。程なく生家に連れ戻されたが、放蕩が祟って1868年勘当を受ける。

家を出されてからは伏見で青物屋を開いて成功。1861年、青物問屋23軒の組合を作り、取締役となる。1868年の鳥羽・伏見の戦い薩摩藩御用をつとめたが、売掛金を踏み倒されて倒産。1870年神戸市栄町に資本金30万円で製茶貿易商店を設立するも、事業不振により倒産。その後も何度か事業の失敗を繰り返した。

維新以降の東京で編集

1878年(明治11年)、鳥羽・伏見の戦い以来の縁により、内務卿大久保利通の懐刀と呼ばれた薩摩藩出身の東京警視庁大警視(のちの警視総監)の川路利良の招きを受けて上京し、明治政府から官営屠場の払い下げを受けて成功。同年から牛鍋チェーン店「いろは」を経営。芝区三田四国町(現在の港区3丁目)の一号店(第一いろは)をはじめとして、東京市内22箇所にのぼる支店にそれぞれを配置して各店の経営にあたらせた。傍ら、東京府下15区6郡の肉問屋を糾合して東京諸畜売肉商組合を結成すると共に、1887年(明治20年)には東京家畜市場会社の理事に就任。

同年、日暮里村の火葬場運営を請け負う東京博善会社を設立。理事を経て社長となる。さらに同年、日本麦酒醸造会社を設立し、社長に就任。また、ほかにも東京本芝浦鉱泉株式会社を経営、同社の温泉付旅館「芝浜館」と料亭「芝浦館」は、芝浦埋め立て以前のリゾート施設として成功した。

政治的には星亨の派閥に属し、1896年(明治29年)、東京市会議員に当選。東京府会議員から衆議院進出を計画していた矢先、1906年(明治39年)4月27日に顎癌で死去。享年67。

家族・親族編集

木村家

京都府、東京市芝区三田四国町[1][2][3]

牛鍋店の支店における妾の間に産まれた子供は計30人(男11人、女16人、早世3人)に上る。
1889年 - 1950年
  • 三男・荘五[5](経済学者)
  • 四男・荘六[5](奇術師・木村マリニー、木村紅葉の名で活動弁士をしていたが、マックス・マリーニに会って奇術師に転向)
1894年 - 1965年
  • 五男・荘七[5](女形の新派役者)
  • 六男・荘八[5](洋画家)
1893年 - 1958年
1897年 - 1967年
1903年 - 1988年
  • 十一男・荘十三[5]
  • 長女・栄子[5](作家・木村曙
1872年 - 1890年
  • 次女・のぶ子[5]
  • 三女・りん子[5]
  • 四女・せい子[5](女優)
  • 五女・ろく子[5]
  • 六女・九女子[5]
  • 七女・十一子[5]
  • 八女・十二子[5]
  • 九女・十六子[5]
  • 十女・十七子[5]
  • 十三子十四子十五子は病没[5]

脚注編集

  1. ^ a b c d 『日本紳士録 第6版』き之部563頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年12月10日閲覧。
  2. ^ a b c 『日本紳士録 第3版』き之部692頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年12月10日閲覧。
  3. ^ a b 『日本紳士録 第1版』き之部572頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年12月10日閲覧。
  4. ^ a b c d e f 『東京商業会議所会員列伝』198-210頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年12月10日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 『木村荘平君伝』1-61頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年12月10日閲覧。

参考文献編集

関連事項編集

外部リンク編集