メインメニューを開く

木村 豊幸(きむら とよゆき、1948年1月31日[1] - 2019年4月3日[要出典])は、日本の元俳優。本名同じ[1]

きむら とよゆき
木村 豊幸
本名 木村 豊幸
生年月日 (1948-01-31) 1948年1月31日
没年月日 (2019-04-03) 2019年4月3日(71歳没)
出生地 日本の旗, 新潟県
身長 180cm[1]
職業 俳優
主な作品
テレビドラマ
青春とはなんだ
でっかい青春
一心太助
ウルトラマンタロウ
映画
これが青春だ!
赤毛

新潟県出身[1][2]成立学園高等学校卒業[1]

目次

来歴・人物編集

16歳の時に劇団ひまわりに入団し、1965年に映画『血の砂』(岡本喜八監督、東宝)でデビュー[2]。岡本の作品の常連の一人でもある。『血の砂』の劇中で、スーザフォンで演奏するシーンがあったことから「スーザン」の愛称で呼ばれていた[2]

1965年『青春とはなんだ』(日本テレビ)で、矢野間啓治とコンビを組んで演じた劣等生役が好評で、後続作である『これが青春だ』などのシリーズでも同じく劣等生役で出演した[2]。当時のプロフィールでは、ファンレターが多く寄せられることに対して「不思議とファイトがわいてくるので、本当にうれしいです」と述べている[2]

1973年ウルトラマンタロウ』(TBS)の南原隊員役で注目される。当時は子供の注目の的でどこに行っても子供が寄ってきたという。『タロウ』で印象深いエピソードが第12・13話の九州ロケのストーリーで、えびの高原周辺に天然温泉が湧いており、共演者たちと露天風呂を作って入浴したことが理由と述べている。

『タロウ』第51話の撮影後に結婚するが、感染症結核に感染し、2年半もの長期に渡って入院。復帰後は全国各地の学校を巡回する「学校演劇」を中心に俳優を継続していたが、現在は引退。

2008年ファミリー劇場の『ウルトラ情報局』にゲスト出演している。

出演編集

テレビドラマ編集

映画編集

  • 血と砂(1965年、東宝) - 大川
  • これが青春だ!(1966年、東宝) - 高木良吉
  • 殺人狂時代(1967年、東宝) - 酒場の客
  • 燃えろ!青春(1968年、東宝) - 成島元
  • クレージーの大爆発(1969年、東宝)- 銀行のガードマン
  • 娘ざかり(1969年、東宝)- 岡村竹男
  • 赤毛(1969年、東宝)- 弥五
  • 日本一のワルノリ男(1970年、東宝) - 十郎
  • バツグン女子高校生 そっとしといて16才(1970年、東宝) - 林丹平
  • バツグン女子高校生 16才は感じちゃう(1970年、東宝) - 木村八郎
  • 夕日くん サラリーマン脱出作戦(1971年、東宝) - 小川
  • 幻の殺意(1971年、東宝) - 小針安夫
  • 激動の昭和史 沖縄決戦(1971年、東宝) - 少年兵
  • にっぽん三銃士 おさらば東京の巻(1972年、東宝)
  • にっぽん三銃士 博多帯しめ一本どっこの巻(1973年、東宝)
  • 夕日くん サラリーマン仁義(1973年、東宝)

その他編集

脚注編集

[ヘルプ]
注釈
  1. ^ 第1話テロップのみ「金田作衛門」表記、板書シーンは「金田作左ヱ門」表記もあり
出典
  1. ^ a b c d e 日本タレント名鑑'80』 VIPタイムズ社、1979年、65頁。
  2. ^ a b c d e 福島民報』 1967年10月24日付朝刊、7面。

参考文献編集

外部リンク編集