メインメニューを開く
名所江戸百景より「木母寺内川御前栽畑」。内川と呼ばれる水路で隅田川とつながっていた。

木母寺(もくぼじ)は、東京都墨田区にある天台宗の寺院。山号は梅柳山。院号は墨田院。本尊は地蔵菩薩元三大師

歴史編集

この寺は寺伝によれば、976年貞元元年)忠円というが、京都から人買いによって連れてこられてこの地で没した梅若丸を弔って(梅若塚:現在の墨田区堤通2-6)をつくり、その傍らに建てられた墨田院梅若寺に始まると伝えられる。

1590年天正18年)に、徳川家康より梅若丸と塚の脇に植えられたにちなんだ「梅柳山」の山号が与えられ、江戸時代に入った1607年慶長12年)、近衛信尹によって、梅の字のを分けた現在の寺号に改められたと伝えられており、江戸幕府からは朱印状が与えられた。

明治に入ると、神仏分離に伴う廃仏毀釈によりいったん廃寺となったが、1888年(明治21年)に再興された。その後白鬚防災団地が建設されるにあたり、現在の場所に移転した。

文化財編集

  • 梅若塚(東京都指定旧跡)

所在地編集

  • 東京都墨田区堤通2-16-1

関連項目編集

外部リンク編集