メインメニューを開く

木田宏

木田 宏(きだ ひろし、1922年大正11年)2月22日[1] - 2005年平成17年)6月27日[1])は、日本官僚。元文部事務次官。教育評論家。出生・出身は広島県とするものと和歌山県とするものがある[脚注 1]

目次

来歴編集

広島県立福山誠之館中学校旧制広島高等学校京都帝国大学法学部卒業後、文部省入省。社会教育局長、大学学術局長、学術国際局長を経て、1976年(昭和51年)文部事務次官に就任。

1978年昭和53年)に退官後は、国立教育研究所[1]日本学術振興会理事長[1]獨協学園理事長[1]、新国立劇場運営財団理事長を歴任した[1]

略歴編集

家族・親族編集

妻は元文部事務次官・日高第四郎の娘[2]。義父・第四郎は日高秩父・リキ夫妻の四男[3][4][5][6][7]。義祖父・秩父は書家で[3]、義祖母・リキは蘭学者箕作阮甫の孫娘にあたる[3]。そのため木田は妻の実家・日高家及び義祖母の実家・呉家を通じて学者の家系として著名な箕作家に連なることになった[3]

参考文献編集

  • 『人事興信録 第2版』人事興信所、1908年明治41年)6月18日発行
  • 『人事興信録 第3版 く之部―す之部』人事興信所、1911年(明治44年)3月25日発行
  • 『人事興信録 第4版』人事興信所、1915年(大正4年)1月10日発行
  • 『人事興信録 第5版』人事興信所、1918年(大正7年)9月15日発行
  • 水谷仁「学問の歩きオロジー わが故郷の偉人たち (3) - 現代につながる巨星たちの系譜」『Newton2007年平成19年)4月号、ニュートンプレス、98-103頁。

脚注・出典編集

[ヘルプ]

脚注編集

  1. ^ 木田の著書全ての奥付にある著者経歴は、広島県生まれ、広島県出身となっている(『大学への期待』 サイマル出版会、1991年、『世界秩序 第三の試み』 木田訳 サイマル出版会、1980年、『学習社会の大学』 玉川大学出版部、1995年他)。人名辞典も同様(『講談社 日本人名大辞典』、2001年)。一方福山誠之館同窓会公式サイト内のページでは和歌山県生まれとなっている[1]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 誠之館人物誌「木田宏」文部事務次官、新国立劇場運営財団理事長
  2. ^ 読売新聞1977年(昭和52年)12月15日朝刊、19面。
  3. ^ a b c d 「学問の歩きオロジー わが故郷の偉人たち (3) - 現代につながる巨星たちの系譜」、102頁。
  4. ^ 『人事興信録 第2版』、甲1341頁。
  5. ^ 『人事興信録 第3版 く之部―す之部』、ひ7頁。
  6. ^ 『人事興信録 第4版』、ひ2頁。
  7. ^ 『人事興信録 第5版』、ひ2頁。

外部リンク編集


先代:
(初代)
新国立劇場運営財団理事長
初代:1993年 - 1999年
次代:
樋口廣太郎