メインメニューを開く

木遣り橋(きやりばし)は、東雲運河をまたぎ東京都江東区豊洲と同区有明を結ぶ有明通り。同じく同運河をまたぐ有明北橋と平行するように架かる。2006年平成18年)11月24日開通。全長246メートル。横幅50メートル。

一般道の上に首都高速10号晴海線が通る、2階層のような構造となっている。橋の直上の10号晴海線には晴海豊洲の両入口の料金所が設置されている。

目次

名の由来編集

この木遣り橋という名称は、この地帯が戦前より貯木場であったことに由来する。また、旧防波堤(中洲の緑地)南側に存在していた有明貯木場は、当時、東京都の保有する貯木場の中で最大規模を誇っていた。木材を大量に運搬・貯木(遣り繰り)していた過去を後世に伝えるための名称である。

周辺施設編集

隣の橋編集

(上流)(東雲運河東雲橋木遣り橋有明北橋富士見橋(下流)

外部リンク編集