メインメニューを開く

未来シャッター

未来シャッター』(みらいシャッター)は、2015年(平成27年)7月1日に公開された日本映画 。NPO法人ワップフィルムの製作・配給による作品である[1]。監督は高橋和勧

未来シャッター Mirai shutter
監督 高橋和勧
脚本 リージョンフィルムネットワークプロジェクト
製作 菊地真紀子(プロデューサー)酒井厚行(プロデューサー)
出演者 長谷川葉生 緑川賢司 宇梶剛士
音楽 川崎ろまん
主題歌 有坂ちあき 「未来の仲間へ」
撮影 吉田武
製作会社 NPO法人ワップフィルム
配給 NPO法人ワップフィルム
公開 日本の旗 日本2015年7月1日
上映時間 70分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

目次

概要編集

東京都大田区墨田区神奈川県藤沢市を舞台として、大田区内外の企業や事業者が撮影に協力する形で製作された[2][3][4]。また、その経緯から一般の商業映画とは異なるスタイルで公開されている(後述)。

あらすじ編集

社会になかなか適合できない(マージナルマン=境界線上にいる人)青年たちが、自らの居場所を求めて未来を創り出そうと動き出し、地域のリーダーらと関わり合いながら成長してゆく。

キャスト編集

  • 長谷川葉生:高橋未希 役
  • 緑川賢司:柴崎武三 役(特別出演)
  • 真砂豪:野々村篤志 役
  • 坂井紀里子:大崎久美 役
  • ニノイ・キアット:アントニオ 役
  • 高橋和勧:高橋 耿一郎/夢の中の男 役
  • 大池冴香:中島夢 役
  • 宇梶剛士・二木 智耶子:ナレーション

製作段階では、ナレーションに菅原文太(2014年11月死去)を起用する話もあった[2]

特別出演編集

舞台となった大田区等の事業者の関係者が多数出演している。

※括弧内は、出演者の肩書き。

  • 石坂順子(東京モノレール駅長)
  • 他阿真円(遊行寺74代上人)
  • 有吉徳洋(ソーケン社長):映画会社人事部長 役
  • 細貝淳一(マテリアル社長):商店街会長 役
  • 酒井厚行(本作プロデューサー):BDF事業所員 役
  • 嘉悦康太(嘉悦大学理事長代理)
  • 浜野慶一(浜野製作所代表取締役)
  • 大和和道(キラキラ橘商店街事務局長)
  • 黒田正和(全日本製造業コマ大戦協会副理事長):世界コマ大戦会長 役
  • 近藤和幸(銭湯「はすぬま温泉」オーナー):銭湯の番台 役
  • 石毛弘之(東京東信用金庫上席特別秘書役)
  • 鈴木一哉(南藤沢イータウン商店会会長)
  • 舟久保利和(昭和製作所社長):駅前直売所八〇八店長 役
  • 早園正(アゾンインターナショナル代表取締役)
  • 奥山睦(女性起業家)
  • 櫻井政人(地域連携コーディネーター)
  • 相川英明(大岡山北口商店街理事長)
  • 横田信一郎(ナイトペイジャー社長)
  • 澁谷哲一(東京東信用金庫理事長)
  • 野村恭彦(イノベーションファシリテーター)

スタッフ編集

  • 企画:リージョンフィルムネットワークプロジェクト
  • プロデューサー:菊地真紀子、酒井厚行
  • 音楽:川崎ろまん、鈴木浩之
  • 撮影:吉田武
  • 照明:西野哲雄(JSL)、西野龍太郎
  • 制作担当:斉藤与志行、平松優太
  • 監督:高橋和勧

製作編集

ワップフィルム理事長の高橋が、映画講座「リージョンフィルムネットワークプロジェクト」の一環として大田区蒲田に設置した「キネマフューチャーセンター」において、「フューチャーセッション」を開催し、その中から映画が製作された[4]。プロデューサーの菊地真紀子は「ストーリーを含め、全て話し合いで作り上げた」と述べている[4]

大田区を中心とする事業者(産業振興協会、商店街連合会等を含む)が製作に協力し、中小企業によるイノベーションとして著名となった『下町ボブスレー』のモデル企業、無人潜水探査機「江戸っ子1号」の製作企業、全日本製造業コマ大戦協会の関係者も支援・出演している[2][3]。大田区内にある東京国際空港東京モノレールなどでも、人脈を通じて通常では困難なロケが実施された[3]

2015年1月に製作が発表され、当初は同年3月に公開予定とされたが[2]、実際の公開は7月となった。

ロケ地編集

公開編集

本作は、通常の商業映画と異なり、映画館だけではなく、キネマフューチャーセンターで毎月2回上映会がおこなわれている[4]。上映後に高橋やプロデューサーの菊地真紀子も交えた対話会が開かれる[4]。2017年現在は2年を超える長期公開となっている[4]。このほか、企業や団体に有料でフィルムを貸し出すこともおこなわれており、この場合も鑑賞者が対話会を開く[3]。貸出による上映は2017年7月までの2年間に100箇所以上で実施された[4]

脚注編集

外部リンク編集