メインメニューを開く

未来日本(みらいにっぽん)とは、以下に挙げる日本の院内会派・政治団体の名称。

  1. 長島昭久衆議院議員が2018年6月1日に設立した政治団体(地域政党
  2. 2018年10月18日に長島らが衆議院で結成した院内会派
日本の旗 日本衆議院会派
未来日本
代表 長島昭久
成立年月日 2018年10月18日
解散年月日 2019年7月2日
テンプレートを表示

沿革編集

地域政党の結成編集

2018年6月1日、旧希望の党解党後無所属で活動していた長島昭久衆議院議員が地域政党「未来日本」の設立を発表し、東京都選挙管理委員会に届け出た[1]。同党は主に長島と行動を共にしている東京21区内の旧民進党系地方議員らで構成され、6月17日投開票の立川市議選に候補者を擁立(公認3名・推薦2名(推薦候補は国民民主党公認))[2]。投開票の結果、公認・推薦を決めた4名が当選し、公認候補1名が落選した[3]

衆議院院内会派の結成編集

同年10月18日、長島と笠浩史衆議院議員によって、衆議院の院内会派「未来日本」が結成された。両氏は2017年の第48回衆議院議員総選挙の前に民進党を離れ、旧希望の党に結成メンバーとして参加。2018年5月に希望の党が国民民主党に移行する際に加わらず、無所属となっていたが、「無所属では十分な議会活動ができない。会派を組むことで質問する機会を得たい。」との思いで会派を結成した[4]。同年末には同会派の政党化を模索したが、調整がつかず年内の結党を断念した[5]

長島の自民党入り、会派解散編集

地域政党「未来日本」は、2019年第19回統一地方選挙ではかつて東京21区に属していた昭島市の市議選で公認候補を擁立したほか、昭島市や東京21区内の市議選において無所属候補や都民ファーストの会の候補者を推薦した[6]

一方で国政での新党結成を断念した長島は2018年12月から、親交のある菅義偉内閣官房長官らを相手に自由民主党入党に向けた交渉を水面下で始めた。長島は当初次期衆院選も東京21区から出馬する意向であったが、自民現職の小田原潔と競合することから2019年6月には萩生田光一幹事長代行に選挙区変更も受け入れる考えを伝えた[7]

長島は6月26日に自民党に入党届を提出[8]し、6月末には地域政党未来日本の公式ホームページやFacebookが削除され、公式twitterも非公開となった。7月2日には会派未来日本も解散し、長島は自民党との統一会派である「自民党・無所属の会」に入会、笠は無所属となった[9]

過去の所属議員編集

衆議院議員
長島昭久
東京21区、衆6
笠浩史
神奈川9区、衆6

脚注編集

  1. ^ “地域政党:「未来日本」設立 代表は長島昭久議員”. 毎日新聞. (2018年6月1日). https://mainichi.jp/articles/20180602/k00/00m/010/048000c 2018年10月18日閲覧。 
  2. ^ “長島衆院議員:「未来日本」設立 立川市議選に5人擁立 /東京”. 毎日新聞. (2018年6月2日). https://mainichi.jp/articles/20180602/ddl/k13/010/016000c 2018年6月2日閲覧。 
  3. ^ “選挙:立川市議選 新議員28人決まる /東京”. 毎日新聞. (2018年6月18日). https://mainichi.jp/articles/20180618/ddl/k13/010/185000c 2018年6月18日閲覧。 
  4. ^ “長島昭久氏と笠浩史氏、衆院会派「未来日本」を結成”. 朝日新聞. (2018年10月18日). https://www.asahi.com/amp/articles/ASLBL3FTDLBLUTFK00B.html%3Fusqp%3Dmq331AQECAEoAQ%253D%253D 2018年10月18日閲覧。 
  5. ^ “「長島新党」年内結成は断念”. 産経新聞. (2018年12月13日). https://www.sankei.com/politics/news/181213/plt1812130002-n1.html 2018年12月24日閲覧。 
  6. ^ 地域政党『未来日本』|活動報告・活動履歴|長島フォーラム21|衆議院議員 長島昭久” (日本語). 未来日本. 2019年6月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月12日閲覧。
  7. ^ “【政界徒然草】自民入りした長島昭久氏 菅長官が誘導 苦渋の選挙区返上 ”. 産経新聞. (2019年7月15日). https://www.sankei.com/premium/news/190715/prm1907150007-n1.html 2019年8月12日閲覧。 
  8. ^ “長島昭久氏が自民に入党届 民主党政権で防衛副大臣”. 朝日新聞. (2019年6月26日). https://www.asahi.com/articles/ASM6V3SL9M6VUTFK00B.html 2019年7月2日閲覧。 
  9. ^ “細野、長島両氏が衆院自民会派入り”. 産経新聞. (2019年7月2日). https://www.sankei.com/politics/news/190702/plt1907020037-n1.html 2019年7月2日閲覧。 

外部リンク編集