末吉麦門冬

末吉安恭から転送)

末吉 麦門冬(すえよし ばくもんとう、本名・末吉 安恭(あんきょう)、1886年明治19年) - 1924年大正13年12月25日)は、沖縄県出身のジャーナリスト俳人

概要編集

首里儀保村生まれ。1905年(明治38年)に東京に遊学し、沖縄県に帰郷後は『沖縄毎日新聞』や『琉球新報』の記者となり、俳句欄やコラムを担当した。歌人の山城正忠とともに沖縄の文芸を盛んにした[1][2]

著書編集

  • 『沖縄饑餓史』
  • 『沖縄書き留め』

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集