メインメニューを開く

末延 隆成(すえのぶ たかなり、1962年1月 - 2018年6月7日)は、日本平和運動家

陸上自衛官(最終階級:二等陸曹)。

略歴編集

茨城県ひたちなか市生まれ、東京都育ち。都内の私立高校卒業後、1980年陸上自衛隊に入隊。第32普通科連隊富士駐屯地特科教導隊を経て、1984年3月に除隊。1986年1月に陸上自衛隊に再入隊。第12戦車大隊保安警務中隊に所属。1992年鹿追駐屯地に移動。第5戦車大隊などに所属し、大半を北海道の戦車隊で過ごし、「後方支援」にあたる弾薬補給陸曹なども務めた。

2015年1月、定年退官。定年退官時3等陸曹から2等陸曹に特別昇任[1][2][3]

安全保障関連法に対する反対運動を行っていた[4][5]

2018年6月7日、肺疾患のため帯広市内の病院で逝去。56歳没[6]

著書編集

  • 『自衛隊の存在をどう受けとめるか―元陸上自衛官の思いから憲法を考える』(現代人文社、2018年11月28日)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 最終所属部隊の人事発令通知による
  2. ^ 通常は定年前までには陸曹教育隊の成績がどのような状況であっても定年前には1曹には昇任し54歳での定年退官を迎えるが、所属部隊で部隊の秩序を乱すなどの問題行為や他者への暴力行為・飲酒運転・軽微な犯罪行為の複数回検挙事案などで処分歴が多数ある場合、暗に退官を進められるものの、本人の意思が固い場合は定年まで残ることは可能、その場合は原則として昇任の道は閉ざされて事実上3曹でも定年となり、退官日に2曹への特別昇任する辞令はある
  3. ^ 現職時代に窃盗・わいせつ・飲酒運転での部内処分歴多数と人事記録に記載
  4. ^ 小池議員の戦争法案追及 元陸自隊員から感想しんぶん赤旗2015年7月30日
  5. ^ 考えるシンポ、講師に元陸自隊員 秋田弁護士会が秋田で18日 /秋田毎日新聞2016年6月16日
  6. ^ 【訃報】末延隆成さん 56歳=元自衛官 /北海道(毎日新聞、2018年6月9日