メインメニューを開く

本千葉駅

日本の千葉県千葉市中央区にある東日本旅客鉄道の駅

概要編集

 
千葉県庁から当駅方向を望む

千葉市都市計画マスタープラン[2]による千葉都心本千葉地区)に位置する官庁街及び文教地区の中心駅である。

東日本旅客鉄道(JR東日本)の外房線が乗り入れ、蘇我駅より乗り入れる内房線の列車も利用できる。近傍には千葉都市モノレール県庁前駅が位置している[注釈 1]

室町時代屋形号を称する事が許された有力な大名関東八屋形)であった千葉氏の初代当主である千葉常重亥鼻町に居館を構えた亥鼻城(千葉城)があり、周辺は亥鼻公園歴史公園)として整備されている。江戸時代幕末)には千葉八景「猪鼻山の望月」に選定されており、古くから名所旧跡として親しまれている。

千葉県庁千葉県警察本部千葉市消防局中央消防署、千葉地方裁判所などの行政機関千葉駅付近ではなく当駅の北東側にある。千葉県立中央図書館千葉市立郷土博物館千葉県文化会館千葉大学附属病院、柏戸病院などの施設も集約している。

駅東口方面は官庁街のほか、千葉大学医学部薬学部看護学部)をはじめ千葉県立千葉中学校・高等学校などを有する文教地区として知られる。

乗り入れ路線編集

当駅に乗り入れている路線は外房線であり、内房線も乗り入れる。

この他に、千葉都市モノレール県庁前駅」と徒歩連絡にて4分、京成電鉄千葉中央駅」から徒歩10分の場所に位置している[注釈 1]

歴史編集

当駅が開業したのは1896年明治29年)と国内でも早い部類に属しており、その開業は房総鉄道によるものである[1]。開業当初は寒川駅(さむかわえき)と称していたが、1902年(明治35年)に本千葉駅に改称された。

房総鉄道は1907年(明治40年)に国有化され、当駅はその後房総線・房総東線を経て、1972年昭和47年)には外房線の駅となった。開業当初は京成電鉄千葉中央駅付近に位置していたが第二次世界大戦中に被害を受け、戦後復興の一環として移転した。

年表編集

駅構造編集

島式ホーム1面2線を持つ高架駅で、駅舎は高架下にある。同じ高架下の改札口すぐ外には売店NewDaysブックオフ本千葉駅前店がある。

千葉駅管理の直営駅で、指定席券売機設置駅。2007年12月より、コンコース階とホーム階を結ぶエレベーターエスカレーターが稼働している。

当駅付近を京成千原線が並行して走っているが、千原線に駅は設置されていない。当初、小湊鉄道が路線を計画していた際は当駅が起点となる予定だったが、後に京成千葉駅(現在の千葉中央駅)に変更されている。

のりば編集

番線 路線 方向 行先
1 外房線 下り 大網茂原大原方面
内房線 五井木更津館山方面
2 外房線
内房線含む)
上り 千葉東京方面

(出典:JR東日本:駅構内図

  • 実際の2番線の案内サインについては、誤乗防止のためか路線名を省いて表記される。千葉駅からの直通先である「総武線(快速)」の表記もない。
  • ホーム蘇我寄りは構造上、幅員が狭くなっている。

発車メロディー編集

1 ベル(電子音)
2

利用状況編集

2018年(平成30年)度の1日平均乗車人員11,605人である。

近年の1日平均乗車人員の推移は下記の通り。

年度別1日平均乗車人員[統計 1][統計 2]
年度 1日平均
乗車人員
出典
1990年(平成02年) 6,920 [* 1]
1991年(平成03年) 7,443 [* 2]
1992年(平成04年) 7,881 [* 3]
1993年(平成05年) 8,124 [* 4]
1994年(平成06年) 8,191 [* 5]
1995年(平成07年) 7,866 [* 6]
1996年(平成08年) 7,608 [* 7]
1997年(平成09年) 7,435 [* 8]
1998年(平成10年) 7,384 [* 9]
1999年(平成11年) 7,010 [* 10]
2000年(平成12年) [JR 1]7,037 [* 11]
2001年(平成13年) [JR 2]7,338 [* 12]
2002年(平成14年) [JR 3]7,575 [* 13]
2003年(平成15年) [JR 4]7,622 [* 14]
2004年(平成16年) [JR 5]7,814 [* 15]
2005年(平成17年) [JR 6]7,881 [* 16]
2006年(平成18年) [JR 7]7,939 [* 17]
2007年(平成19年) [JR 8]7,985 [* 18]
2008年(平成20年) [JR 9]8,146 [* 19]
2009年(平成21年) [JR 10]8,469 [* 20]
2010年(平成22年) [JR 11]8,643 [* 21]
2011年(平成23年) [JR 12]9,069 [* 22]
2012年(平成24年) [JR 13]9,341 [* 23]
2013年(平成25年) [JR 14]9,807 [* 24]
2014年(平成26年) [JR 15]10,024 [* 25]
2015年(平成27年) [JR 16]10,458 [* 26]
2016年(平成28年) [JR 17]10,798 [* 27]
2017年(平成29年) [JR 18]11,258 [* 28]
2018年(平成30年) [JR 19]11,605

駅周辺編集

千葉県庁
千葉県警本部
千葉市消防局
亥鼻城(千葉市郷土資料館)

千葉県庁や千葉地方裁判所などは千葉駅付近ではなく当駅の北東側にある。

駅東口方面は官庁街のほか、千葉大学(医、薬、看護)をはじめ千葉県立千葉中学校・高等学校などを有する文教地区として知られる。

地名である本千葉町千葉中央駅周辺を指す。

周辺の駅編集

東口(市場町・長洲・末広・亥鼻・葛城)編集

西口(長洲・寒川・港町)編集

バス路線編集

小湊鐵道バスによって運行されており、バス停は駅前の道路上にある。

発着路線編集

乗り場 経由地 行先
本千葉駅 県庁前 JR千葉駅
京成千葉中央駅
蘇我駅西口・塩田営業所前・浜野駅前 八幡宿駅西口
蘇我駅西口・塩田営業所前 浜野
蘇我駅西口・浜野駅東口・ちはら台駅入口・喜多 ロングウッドステーション
宮崎公民館 大厳寺

隣の駅編集

東日本旅客鉄道(JR東日本)
外房線・内房線(内房線は蘇我駅まで外房線)
快速・普通(各駅停車)
千葉駅 (JO 28) - 本千葉駅 - 蘇我駅

脚注編集

[ヘルプ]

記事本文編集

注釈編集

  1. ^ a b 連絡定期券は発売していない。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j 曽根悟(監修)『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』31号 内房線・外房線・久留里線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年2月21日、22-23頁。
  2. ^ 千葉市. “千葉市都市計画マスタープラン(全体構想)” (日本語). 千葉市. 2019年2月7日閲覧。
  3. ^ 「停車場改称」『官報』1902年1月28日(国立国会図書館デジタル化資料)
  4. ^ a b c 鉄道ジャーナル』第20巻第9号、鉄道ジャーナル社、1986年8月、 117頁。
  5. ^ “本千葉駅に快速停車へ 東京直通増発に備え 12月めどホーム延伸”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 4. (2010年5月13日) 
  6. ^ “本千葉駅に快速52本停車 12月4日 JRダイヤ改正で”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 4. (2010年9月25日) 
  7. ^ 千葉支社 「千葉運輸区」の要員を提案 6駅委託と窓口削減・要員削減も提案”. 国鉄千葉動力車労働組合. 2019年7月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月30日閲覧。

広報資料・プレスリリースなど一次資料編集

  1. ^ Suicaご利用可能エリアマップ(2001年11月18日当初) (PDF)
  2. ^ 『2010年12月ダイヤ改正について』(2010年10月11日時点のアーカイブ) - JR東日本千葉支社 2010年9月24日 (PDF)

利用状況編集

  1. ^ 千葉県統計年鑑 - 千葉県
  2. ^ 千葉市統計書 - 千葉市
JR東日本の2000年度以降の乗車人員
千葉県統計年鑑

関連項目編集

外部リンク編集