メインメニューを開く

本坊 輝雄(ほんぼう てるお、1955年10月13日 - )は、日本政治家鹿児島県南さつま市長(3期)。元鹿児島県議会議員(5期)。元加世田市議会議員(3期)。

本坊 輝雄
ほんぼう てるお
生年月日 (1955-10-13) 1955年10月13日(64歳)
出生地 鹿児島県坊津町(現・南さつま市
出身校 鹿児島県立加世田農業高等学校(現・鹿児島県立加世田常潤高等学校
前職 鹿児島県議会議員
所属政党自由民主党→)
無所属

当選回数 3回
在任期間 2009年11月27日 - 現職

選挙区 加世田市選挙区→
南さつま市選挙区
当選回数 5回
在任期間 1991年4月30日 - 2009年

Flag of Kaseda Kagoshima.png 加世田市議会議員
当選回数 3回
在任期間 1982年7月 -
テンプレートを表示

来歴編集

鹿児島県坊津町(現・南さつま市)出身[1]。生家はみかん農家。1974年(昭和49年)3月、鹿児島県立加世田農業高等学校(現・鹿児島県立加世田常潤高等学校)卒業。1975年(昭和50年)3月、農林水産省常緑果樹農業研修所を修了。同年4月、加世田市農業協同組合に就職。1977年(昭和52年)12月、同組合を退職[2]

1982年(昭和57年)7月、加世田市議会議員に就任。計3回当選。

1991年(平成3年)4月、鹿児島県議会議員(加世田市選挙区)に就任。

2005年(平成17年)11月7日、加世田市笠沙町大浦町坊津町金峰町の1市4町が合併し、南さつま市が誕生する。2007年(平成19年)の県議選は南さつま市選挙区から出馬、5回目の当選を果たす。

2009年(平成21年)11月15日に行われた南さつま市長選挙に無所属で出馬。民主党国民新党の推薦を受けた元笠沙町長の中尾昌作を破り、初当選した(本坊:15,075票、中尾:10,113票)。11月27日、市長就任 [3]

2013年(平成25年)の市長選で、前回争った中尾昌作を再び破り2選(本坊:11,494票、中尾:9,774票)[4]

2017年(平成29年)の市長選で、中尾昌作をみたび破り3選(本坊:10,293票、中尾:9,591票)。

人物編集

  • 南さつま市内の焼酎醸造の会社の代表者を務めている[5]

脚注編集

外部リンク編集

先代:
川野信男
  鹿児島県南さつま市長
2009年 -
次代:
(現職)