本多俊之

日本のサクソフォーン奏者、作・編曲家、プロデューサー

本多 俊之(ほんだ としゆき、1957年4月9日 - )は、日本のサクソフォーン奏者、作曲家編曲家音楽プロデューサー東京都出身。父はジャズ奏者・評論家の本多俊夫(モンティ本多)[2][3][4]

本多俊之
生誕 (1957-04-09) 1957年4月9日(65歳)
出身地 東京都
学歴 成蹊大学経済学部卒業
ジャンル フュージョン
職業 サクソフォーン奏者、作曲家編曲家音楽プロデューサー
担当楽器 サクソフォーン
活動期間 1978年 -
レーベル 1978年 - ELECTRIC BIRD
1982年 - 東芝EMI
事務所 本多音楽事務所
公式サイト 本多俊之 Official Website
著名使用楽器
ヤナギサワ A-9937, S-9930GP, SC-9930PGP(特別仕様、恐竜彫刻。カーブド), A-901[1]

略歴編集

成蹊中学校・高等学校成蹊大学経済学部卒業。

大学在学中に初のリーダー・アルバムをリリース。

その後は国内外問わず数多のミュージシャンと共演、数々の栄光を残した。サクソフォーン奏者で、ライブ活動に意欲的で各地で頻繁に演奏を重ねる。

作曲家としても有名であり、映画音楽、ドラマ音楽、CM音楽を多数手がける。

中でも、テレビ朝日系『ニュースステーション』の3代目・4代目オープニング・テーマや映画『マルサの女』シリーズを始め、伊丹十三監督映画のテーマ曲・映画音楽を多数手がけたことでも知られている。

1988年には尾崎豊バックバンドも務めた。

近年では演劇の音楽も手掛け、また自らも出演するなど多才ぶりを発揮している。

映画音楽編集

ドラマ音楽編集

アニメ音楽編集

オープニングテーマ曲編集

吹奏楽作品編集

アルバム作品編集

  • 1978年 バーニング・ウェイブ
  • 1979年 オパ!コン・デウス
  • 1980年 イージー・ブリージング
  • 1980年 スパニッシュ・ティアーズ(「本多俊之&Burning Waves」名義)
  • 1981年 ブーメラン(「本多俊之&Burning Waves」名義)
  • 1987年「Wind Flight」(上記Best)

以上「ELECTRIC BIRD」レーベルより

  • 1982年 シャングリラ
  • 1983年 セプテンバー
  • 1984年 ドリーム
  • 1984年 モダン
  • 1985年 サキソフォン・ミュージック
  • 1986年 スーパーカルテット
  • 1986年 デイ・ドリーム
  • 1986年 ナイト・ソングス
  • 1987年 マルサの女
  • 1987年 ラジオ・クラブ(RADIO CLUB)
  • 1988年 ガディス・マルサの女2(RADIO CLUB)
  • 1988年 Something Coming On(RADIO CLUB)
  • 1989年 Foot Prints(Best)
  • 1989年 東方見聞録(RADIO CLUB)
  • 1990年 CHAMELEON(RADIO CLUB)
  • 1990年 シンバイオシス
  • 1991年 Live Chameleon(RADIO CLUB)
  • 1991年 reLAX
  • 1992年 Best Now.本多 俊之(Best)
  • 1992年 REED MY LIPS
  • 1994年 COOL JEWEL
  • 1996年 SAX・HOLIC

以上「東芝EMI」より

その他の作品編集

テレビ出演編集

映画出演編集

ライブ出演編集

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ Yanagisawa Saxophones Artist Toshiyuki Honda”. Yanagisawa Wind Instruments Co., Ltd.. 2018年1月26日13:00閲覧。
  2. ^ “レコード歌謡曲の競争にテイチクが参戦 藤山一郎、古賀政男「東京ラプソディ」への道”. ダイヤモンド・オンライン (ダイヤモンド社). (2014年4月4日). https://diamond.jp/articles/-/51165 2022年4月3日閲覧。 
  3. ^ “〈連載〉さすらいヨコハマ⑥ ラジオ関東『昨日の続き』 大衆文化評論家 指田 文夫”. タウンニュース (タウンニュース). (2015年1月15日). https://www.townnews.co.jp/0114/2015/01/15/267424.html 2022年4月3日閲覧。 
  4. ^ 20世紀日本人名事典. “本多 俊夫”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2022年4月3日閲覧。
  5. ^ COCX-36619『NHK ニュースの音楽2010』

外部リンク編集