メインメニューを開く

本多 利長(ほんだ としなが)は、三河岡崎藩第4代藩主、遠江横須賀藩主、出羽村山藩初代藩主。広孝系本多家4代。

 
本多利長
Honnda Toshinaga.jpg
本多利長像
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 寛永12年(1635年
死没 元禄5年12月16日1693年1月21日
別名 石見(通称)
戒名 広徳院殿仁誉峯山道勇大居士
墓所 東京都港区六本木の教善寺
官位 従五位下、越前
幕府 江戸幕府
三河岡崎藩主→遠江横須賀藩主→出羽村山藩
氏族 本多氏
父母 父:本多忠利、母:井上正就の娘
兄弟 助久利長利朗利政利義
正室:松平正綱の娘
養子:助芳

生涯編集

岡崎藩第3代藩主本多忠利の六男。正保2年(1645年)、父の死去で跡を継ぐ。このとき、岡崎藩6万石のうち、5万石を継いで、残りの1万石は兄の助久と弟の利朗に分与した。同年6月27日、遠江横須賀へ移封される。しかし天和2年(1682年)2月23日、不行跡や過酷な藩政を布いたとして改易された(本多政利の改易に連座したとも)。後に改めて、出羽村山郡内に1万石を与えられている。

元禄5年(1692年)12月16日、58歳で死去し、跡を甥で養嗣子の助芳が継いだ。