メインメニューを開く

本多 助寵(ほんだ すけたか)は、信濃飯山藩の第9代藩主。広孝系本多家13代。

 
本多助寵
時代 江戸時代末期 - 明治時代
生誕 嘉永7年5月13日1854年6月8日
死没 明治2年8月14日1869年9月19日
戒名 成就院励誉功道徳山
墓所 長野県飯山市奈良沢の忠恩寺
幕府 江戸幕府
主君 明治天皇
信濃飯山藩
氏族 本多氏
父母 父:本多助実、母:諏訪忠恕の五女・倭子
養父:本多助成
兄弟 助成助寵実輝助順実方実秀実賢賢治ほか
テンプレートを表示

生涯編集

嘉永7年(1854年)5月13日、第7代主・本多助実の八男として生まれる。慶応4年(1868年)7月23日、兄助成の隠居により家督を相続した。しかし病弱だったため、政務は隠居していた父の助実が代行した。

明治2年(1869年)6月2日、北越戦争出兵への賞典禄として、明治政府から5000両を賜る。同年6月22日、版籍奉還にともない、飯山藩知事に就任した。その直後の8月14日に死去した。享年16。しかし、明治政府には死亡を隠して隠居届を提出したため、公的には以後の括弧内のような経歴になっている(同年8月24日、従五位となる。同年9月2日、隠居して実父の助実に家督を譲った。同年9月18日、死亡した。)。