本多 忠堯(ほんだ ただとう)は、江戸時代中期の大名播磨国山崎藩4代藩主。官位従五位下大和守。政信系本多家5代。

 
本多忠堯
時代 江戸時代中期
生誕 元文2年(1737年
死没 宝暦11年2月25日1761年3月31日
改名 権次郎、忠堯
戒名 広善院殿前和州宰吏定誉宗厳了演大居士
墓所 東京都江東区三好の霊光院
官位 従五位下大和守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家重家治
播磨山崎藩
氏族 本多氏(平八郎家)
父母 本多忠辰松平乗賢
兄弟 忠堯、熊姫、増山正武養女
相良長在娘於鷹
忠可熊姫
テンプレートを表示

略歴編集

3代藩主・本多忠辰の長男として誕生。幼名は権次郎。

寛延3年(1750年)、父の死去により跡を継いだ。先々代藩主からの災難続きで藩財政は破綻寸前となっており、窮民は増加していたため、商人から銀90を借り入れて藩政改革を行なおうとしたが、筆頭家老が改革反対派から攻撃されて失脚するなどしたため、短期間で失敗に終わった。宝暦11年(1761年)2月25日、25歳で死去し、跡を妹婿の忠可が継いだ。法号は広善院殿前和州宰吏定誉宗厳了演大居士。墓所は東京都江東区三好の雲光院。

系譜編集