メインメニューを開く

本多 忠方(ほんだ ただみち)は、播磨山崎藩の第2代藩主。政信系本多家3代。初代藩主・本多忠英の次男。

 
本多忠方
時代 江戸時代中期
生誕 宝永5年(1708年
死没 享保16年5月16日1731年6月20日
改名 平七郎(幼名)→忠方
別名 監物(通称
戒名 深高院殿前肥州宰吏勇誉真哲大居士
墓所 兵庫県宍粟市山崎町上寺の大雲寺
官位 従五位下肥後
幕府 江戸幕府
播磨山崎藩
氏族 本多氏
父母 父:本多忠英、母:小池三平の娘
兄弟 忠良忠方忠辰忠強
正室:増山正任の娘
養子:忠辰

生涯編集

兄の忠良が宗家の越後村上藩を継いだため、享保3年(1718年)に父が死ぬと家督を継ぐこととなった。先祖の忠勝にあやかりたいという気持ちがあったらしく、藩政においては窮民を助けるなど力量を見せたが、享保の大飢饉がとどめとなって藩政は荒廃した。それでも忠方は藩政の再建を目指したが、そのような最中の享保16年(1731年)5月16日に24歳で死去した。子がなく、跡を弟の忠辰が継いだ。