メインメニューを開く

本多 忠盈(ほんだ ただみつ、享保17年(1732年) - 明和4年閏9月16日1767年11月7日))は、江戸時代中期の大名石見国浜田藩第2代藩主。忠勝系本多家宗家10代。

人物編集

信濃国松代藩主・真田信弘の六男。本多忠敞の養子となる。松代藩の初代真田信之の正室小松姫本多忠勝の娘であることから、忠盈自身も忠勝の血をひいていることとなる。正室は忠敞の娘。子に本多忠典(次男)。官位は従五位下、中務大輔。

宝暦9年(1759年)に忠敞の死去により家督を相続した。明和4年(1767年)35歳で死ぬと、家督は忠敞の実子忠粛が継いだ。

出典編集