メインメニューを開く

本多忠直 (大和国郡山藩主)

本多 忠直(ほんだ ただなお、寛文10年(1670年[1] - 享保2年5月8日1717年6月16日))は、大和国郡山藩の第3代藩主。第2代藩主本多忠常の兄に当たる大名(忠直の出生当時は浅川藩主)本多忠晴の長男。正室は石井氏。子に本多忠通(長男)、本多忠村(次男)、本多忠如(三男)、本多忠烈(四男)、娘(土井利庸正室)、娘(米倉忠仰正室)、娘(戸田忠久正室)。官位は従五位下、越中守、信濃守。幼名は大藤。

元禄15年(1702年)12月18日、従五位下、越中守に叙任される。宝永4年(1707年)10月10日、叔父の忠常の養嗣子となり、同年12月12日に信濃守に任官される。宝永6年(1709年)の忠常の死去により跡を継いだ。

享保2年(1717年)5月8日、48歳で死去し、跡を次男の忠村が継いだ。法号は遷妙院殿顕忠日直大居士。墓所は山梨県南巨摩郡身延町身延山久遠寺

脚注編集

  1. ^ 断家譜』第1巻119頁では延宝元年(1673年)10月4日生まれ。