本多 忠紀(ほんだ ただとし)は、江戸時代後期の大名陸奥国泉藩6代藩主。官位従五位下能登守。忠以系本多家9代。

 
本多忠紀
Honnda Tadatoshi.jpg
本多忠紀
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 文政2年11月27日1820年1月12日
死没 明治16年(1883年2月16日
改名 哲四郎(幼名)、忠紀
別名 静翁
戒名 温徳院殿静翁楽真大居士
墓所 東京都墨田区向島の弘福寺
官位 従五位下能登守
幕府 江戸幕府 寺社奉行奏者番若年寄
主君 徳川家茂慶喜
陸奥泉藩
氏族 本多氏(平八郎家)
父母 本多忠知、寺沢氏娘・お輝
本多忠徳
兄弟 忠徳忠紀、佐多、大久保忠邦正室、
井上正員正室、岡田善宝正室、
仙石久祇正室、石川総詮正室、
小出英照室、遠山景明室ら
堀直格
柳沢里顕
忠伸
テンプレートを表示

経歴編集

文政2年(1819年)11月27日、4代藩主・本多忠知の四男として誕生。万延元年(1860年)8月20日、兄で5代藩主・忠徳が死去した際、その養子として襲封した。同年9月1日、14代将軍・徳川家茂に拝謁する。同年12月16日、従五位下能登守に叙任する。文久3年(1863年)10月1日に寺社奉行に任じられる。同年10月22日に奏者番の再置により同職を加役される。元治元年(1864年)7月6日に若年寄に昇進したが、同年12月12日に罷免され、帝鑑之間詰となった。慶応2年(1866年)6月22日、若年寄に再任されるが、翌慶応3年(1867年)4月27日には職を辞している。

慶応4年(1868年)1月に戊辰戦争が始まると、当初は新政府軍に恭順の意を唱えるが、仙台藩米沢藩の要請に応じ奥羽越列藩同盟に加盟する。その結果、新政府軍の攻撃を受けて同年6月28日に泉陣屋は陥落し、忠紀は仙台藩に避難した。9月24日、忠紀は新政府軍に対し降伏・謝罪を申し入れ、9月27日に認められた。正式な処分の下るまでの間、謹慎を命じられた。同年11月5日、官位を止められた。忠紀は新政府に敵対したことにより、同年12月7日に2000石の減封、および強制隠居を命ぜられ、家督は養子の忠伸本多忠行の長男)が継いだ。

明治2年(1869年)10月13日、従五位に復した。明治16年(1883年)2月16日に死去した。享年65。

系譜編集