メインメニューを開く

本多 忠豊(ほんだ ただとよ)は、戦国時代武将三河国松平氏家臣。徳川四天王本多忠勝の祖父にあたる。

 
本多忠豊
時代 戦国時代
生誕 不詳
死没 天文14年9月20日1545年10月25日
別名 平八郎、吉左衛門
墓所 愛知県安城市安城町赤塚 本多忠豊墓碑
主君 松平清康広忠
氏族 藤原北家兼通本多氏
父母 父:本多助豊、母:不詳
忠高忠真
テンプレートを表示

生涯編集

松平氏に仕えて、その重臣として活動した。享禄2年(1529年)の岩崎城・野呂城攻めに供奉する。享禄3年(1530年)、宇理城の熊谷直盛を攻めた際に、敵兵が主君・松平清康に迫った時には自ら進み出て奮戦した。この功により扇の指物を賜った。清康の死後、松平広忠伊勢国から岡崎まで迎えた[1]

天文14年(1545年)、三河安祥城をめぐる織田信秀との戦い(第三次安祥合戦)で敗北した松平広忠を逃がすため、殿軍を務めて討死した。三河国乗子の大中寺に葬られ、後に妙源寺に改葬された[1]

 
第三次安城合戦で戦死したとされる地に立つ本多忠豊墓碑(愛知県安城市)

寛政6年(1794年)に岡崎藩本多忠顕が建立した墓碑が安城市内に残る。

登場作品編集

脚注編集

  1. ^ a b 寛政重修諸家譜』巻第六百八十一

参考資料編集

  • 歴史群像『徳川四天王』 学研出版

関連項目編集