メインメニューを開く


本多 正好(ほんだ まさよし、元和9年(1623年) - 元禄15年(1702年)は、江戸時代前期の大名本多正勝の嫡男で老中本多正純の孫。幼名は千徳丸。諱は正好。通称右京亮、弥八郎、和田角兵衛。異母弟に本多正之がいる。

 
本多正好
時代 江戸時代初期 - 江戸時代中期
生誕 元和9年(1623年
死没 元禄15年(1702年
改名 本多正好→和田角兵衛
別名 本多弥八郎
官位 右京亮
父母 父:本多正勝、母:栄春院戸田氏鉄娘)
兄弟 本多正之戸田氏豊室、野間三竹
和田正能(與兵衛)

目次

生涯編集

本多正勝の長男として江戸屋敷で生まれる。同年の本多家改易により、正勝も父・正純に連座し、出羽国横手に配流となった。正好は母親の実家である摂津尼崎藩戸田家に身を寄せ、寛永12年(1635年)に戸田家の領地替えに伴い美濃大垣に移住した。寛永17年(1640年)、17歳の時に母親の元を離れ、上野国高崎藩に身を置いた。この頃に本多姓を改め、和田姓を名乗ったという。

明暦3年(1657年)、34歳の時に旗本安藤彦四郎に乞われて客臣となり小平村(現・児玉町)に移り住み、代官を務める。元禄15年(1702年)4月に死去した。享年80。

なお、寛文4年(1664年)、尾張犬山に住していた異母弟の正之が旗本として赦免され嫡流を称したために、幕臣身分を離れた正好については『寛政重修諸家譜』に記述があるものの、具体的な生没年などは記載されていない。

子孫編集

孫の和田正篤の次男・正綱は別家召出しを受けて出府。江戸市ヶ谷の安藤家上屋敷に出仕した。寛政10年(1798年)正綱の長男・正滕の代に、姻戚で断絶していた安藤家家士の木村家の名跡を継いで家を再興し、後年に木村姓に改めた。子孫の木村家は用人格となり、和田家と共に旗本安藤家の重臣として存続した。

現在の宇都宮本多弥八郎家の当主は木村日出明(14代当主)。栃木県宇都宮市平成10年(1998年)から毎年開催されている、宇都宮城址まつり記念式典、平成19年(2007年)開催の宇都宮城復元祭、平成20年(2008年)に本多正純父子終焉の地である秋田県横手市で挙行された正純公・正勝公追善供養式典に出席している。

人物・逸話編集

幼少より学問に励み、祖父・正純と父・正勝の墓参りを願い出るが、幕命により果たせなかったという逸話がある。

参考文献編集

  • 『宇都宮市史 近世通史編』(1928年)
  • 『下野歴史物語 中』徳田浩淳(国書刊行会)
  • 『本多氏の盛衰と秋田』佐藤清一郎

関連項目編集