メインメニューを開く

本多 正武(ほんだ まさたけ、寛文5年1月20日1665年3月6日) - 享保6年2月21日1721年3月18日))は、江戸時代前期から中期の大名上野国沼田藩第2代藩主。正重系本多家5代。

榊原久政の次男。母は本多正直の娘。正室はなし。子は娘(大村純富正室)。官位は従五位下、遠江守。幼名は三弥。次郎右衛門。

先代藩主の本多正永に嗣子が無かったため、甥にあたる正武が元禄6年(1693年)に養嗣子となる。正徳元年(1711年)の正永の死去により跡を継いだ。享保6年(1721年)2月21日に57歳で死去し、跡を養嗣子の正矩が継いだ。