本多 正氏(ほんだ まさうじ、元亀元年(1570年) - 文禄4年8月24日1595年9月27日))は、安土桃山時代武将。通称は平四郎。

元亀元年(1570年)、本多正重の長男として生まれる。天正16年(1588年)から徳川家康の近習として仕え、陸奥九戸政実攻め、朝鮮出兵における肥前名護屋城詰めなどに随従した。しかし文禄元年(1592年)、徳川家から出奔している。理由は諸説あって定かではないが、父と同じようにその頑固な性格を疎まれたためとされている。

その後、羽田正親と懇意になり、正親が豊臣秀次の重臣だったことから、その推挙を受けて秀次の重臣となった。文禄4年(1595年)、秀次事件により秀次が自害すると、正親と共に殉死した。享年26。

関連項目編集