メインメニューを開く

山頂編集

山頂近くには三河国一宮砥鹿神社奥宮があり、東三河の人々の信仰の対象として親しまれている。奥宮付近には飲料水の自動販売機公衆トイレ、休憩所が設置されている。気象条件が良ければ、山頂から微かに三河湾を望むことができる。奥宮へ上がる石段の途中には富士山が見える場所もある。

山頂一帯には豊橋中継局があり、巨大なアンテナ群がひしめき合っている。2006年平成18年)2月1日より無料化された本宮山スカイラインが山頂近くまで通っている。山頂には、一等三角点(点名「三本宮山」)が設置されている[1]

登山編集

休日ともなればハイカーで溢れる人気の山だが、平日でも登山者が少なくない。岡崎市側のくらがり渓谷から登ることも可能だが、南側(豊川市)の山麓には本宮山ウォーキングセンターが整備されていて、ここから表参道を登るのが一般的なハイキングコースである。同じく南側には新東名高速道路が走っており、南西麓を貫く「本宮山トンネル(上り2,043m 下り2,097m)」がある。

交通アクセス編集

南側(本宮山ウォーキングセンター)

北側(くらがり渓谷)

関連画像編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 基準点成果等閲覧サービス”. 国土地理院. 2015年2月14日閲覧。
  2. ^ a b 日本の主な山岳標高(愛知県の山)”. 国土地理院. 2015年2月14日閲覧。