メインメニューを開く

本山氏(もとやまし)は、土佐国豪族土佐七雄の一つに数えられる。

土佐本山氏
家紋
檜扇
本姓 清和源氏吉良流
家祖 本山伊典
種別 武家
主な根拠地 土佐国西峰
凡例 / Category:日本の氏族

起源編集

本姓は八木氏で、西峰(大豊町西峰)を発祥地とした[1]。八木氏は紀貫之の『土佐日記』に「やぎのやすのりという人あり この人国にかならずしもいひつかふるものにもあらざるなり これぞただはしきようにて 馬のはなむけしたる守からにやあらむ 国人の心のつねとして いまはとて見えずなるを 心あるものは はぢずになむ来ける これはものによりてほむるにしもあらず」と、八木康教が、土佐国司の任を終えた貫之が土佐を去る際に、特に利害関係もないのに自らの意志で訪れて送別に加わるなど、既に平安中期には有力な土佐国人としての姿を見せている。武家としては、弘安6年(1283年)正月の譲状に左近将監八木為時・有時が見えるなど鎌倉時代にはその存在が確認され、香美郡長久寺の地蔵蓮華銘に永徳2年(1382年)檀那伊豆守八木康綱とあるように室町時代には西峰のみならず、本山郷、新改(南国市)、大埇、岩村、潮江等、土佐東部に勢力を扶植していった。戦国時代に至っても、池内天神社の大檀那八木実茂(梅慶の父)や、本山豊前守八木清茂(茂宗ともいい梅慶のこと)とあるように、本山氏は八木姓を称していた。

本山氏が、西峰から名字を取った土佐国長岡郡本山郷[2]へ入部したのは、平安時代末期と考えられているが、諸資料には伊典が本拠を本山へ移し、本山と名乗りだしたと記している。土佐物語には「八木伊典といふものが、何の頃にか、本山に来たりて居住す。其の子養明、其の子茂宗まで三代、本姓を改めて本山と号す。是は清和源氏吉良氏の庶流と云う」とある。また『南路志』にも「本山氏は清和源氏吉良氏の庶流八木伊典、初めて当国に来、城を築云々」とあり、源氏との関係が指摘されてもいるが、これは土佐吉良氏を滅ぼした後に吉良を称したためで、本山氏自身は平姓を用いた[3]

なお本貫地は、『土佐物語』巻六には「国中第一の要害なり」と記されているほど難攻不落と目されたが、その所領の大部分は本山を中心とした山間部で、経済的には不利な土地柄だった。しかし、細川氏の支配が緩んだのを契機に南下して平野部に進出したことで土佐七豪族の一つとして勢威を誇り、最盛期には土佐西部の国司一条氏を別格としつつも、土佐一番の大名と呼ばれるまでになる。

戦国時代編集

本山に居を構えた本山氏は阿波小笠原氏と争うなどして本山の支配権を確立し、周辺豪族とも和を結ぶなどして基盤を着々と固めていく。

永正5年(1508年)、本山氏が首謀者となって吉良氏山田氏と共同して長宗我部兼序を討ち滅ぼした(諸説あり、最近の研究では長宗我部氏は吸江庵の寺領問題で天竺氏に滅ぼされたとの説もある)。これにより本山氏は土佐国内で最も有力な豪族となる。1530年頃、土佐の守護領国制が崩壊した。経済的に有利な基盤を持っていなかった本山氏はここぞとばかりに土佐中央平野部に南下を始め、本山茂宗の時代には朝倉城を居城として土佐中央部を支配し、土佐七豪族のひとつ吉良氏を攻め滅ぼすと、嫡男本山茂辰は吉良姓を名乗る。また土佐国司一条氏が伊予の西園寺氏と争っている間に一条氏に敵対。諸将の城を攻めるなど、茂宗の頃には土佐豪族の中でも飛びぬけた存在となる。

しかし兼序の遺児長宗我部国親は、岡豊城復帰後に本山氏に服従の姿勢を見せつつ力を蓄え、茂宗亡き後反攻を始める。本山氏は、国親が吉田孝頼を岡豊に迎えたときから国親の体制を気にかけていたが、このままでは土佐が戦乱のちまたとなると察した一条氏の勧めで、国親の娘を嫡男本山茂辰の正室に迎えた。ひとまず二氏の間で小康を保つが、本山氏は、幾度も長宗我部軍と一進一退の攻防を繰り返しつつも、徐々に勢力を削がれていく。

1560年長浜の戦いで、茂宗の後を継いだ茂辰が敗れ土佐平野部の支配権を失うことになる。茂辰は朝倉城の東、神田城に入り、土佐平原の要である朝倉城を奪取しようとする長宗我部家の寄せ手を幾度も撃退するも、諸豪族・家臣団の離反が始まり守りきれなくなると、火を放って元々の本拠本山城に撤退する。病死した茂辰[4]の後を継いだ本山貞茂は本山城も捨て、土佐の奥地、叔父本山茂定の守る瓜生野城に立て籠り抗戦するも、長宗我部元親の圧迫に抗しきれず降伏する。これにより戦国大名本山氏は実質的に滅亡した。

降伏後、貞茂は長宗我部元親の甥(姉の子)にあたることもあるのかその才を認められたのか、親茂の名を与えられるなど元親の偏諱を受けて長宗我部家の一門衆に加えられ、嫡男長宗我部信親の家老として仕えた。親茂は後年の九州征伐の際に、戸次川の戦いで信親と共に戦死した。

江戸時代編集

長宗我部氏の歿落後、本山佐渡守茂定の子孫から出た本山喜左衛門1614年慶長19年)山内豊前守へ仕えて以降は、本山氏は土佐藩の上士として優遇され、明治まで家名を永らえた。幕末期の直系の子孫が本山団蔵である。また、江戸初期に分流した本山家の子孫が土佐藩錦旗伝奏役の本山茂任である。また、桂浜坂本龍馬像や高知城板垣退助像を製作した彫刻家の本山白雲は、戦国時代に分流した古い傍系の子孫である。

本山氏歴代編集

  • 吉良次郎茂光(本山氏始祖)本山伊典と号す。
  • 本山養明(茂光の嫡男)
  • 本山茂宗(養明の嫡男)梅渓と号す。
  • 本山茂定(養明の二男)佐渡守と号す。
  • 本山茂辰(茂宗の嫡男)
  • 本山貞茂(親茂)(茂辰の嫡男)

系譜編集

本山氏の武将編集

脚注編集

  1. ^ 『大豊町史 第四章』[要ページ番号]
  2. ^ 西本山村、現・本山町
  3. ^ 異説では吾川郡芳原村の若一王子の棟札を根拠に平氏であったとする。(『土佐名家系譜』290頁)
  4. ^ 茂辰に関しては降伏後に出家を条件に助命され、天正年間まで健在であったとする朝倉慶景の説もある(朝倉「戦国末期の国人本山茂辰とその家族たち」(初出:『土佐史談』232号(2006年)/所収:平井上総 編『シリーズ・織豊大名の研究 第一巻 長宗我部元親』(戎光祥出版、2014年) ISBN 978-4-86403-125-7))。
  5. ^ 茨木貞親の二男。
  6. ^ 茨木貞親の娘・本山茂成の義娘・本山茂苞の妹・本山茂久の妻・本山茂勝の母。
  7. ^ 桂木挙固の三男。
  8. ^ 北村武雄の二男。
  9. ^ 遠藤成安の弟。
  10. ^ 後藤吉長の二男。
  11. ^ 結城順庵の二男。
  12. ^ 乾正寿の二男。
  13. ^ 本山茂養の養子となった後、伯父正春の養子となる。
  14. ^ 本山茂良の嫡男。後に乾正春の養子となる。

参考文献編集

関連項目編集