本庄 宗正(ほんじょう むねまさ、天正8年(1580年) - 寛永16年8月29日1639年9月26日))は、安土桃山時代から江戸時代前期の武士。通称は太郎兵衛、初名は宗利。姓は有道氏。父は本庄宗道?。長男に道芳、次男に宗資、長女に桂昌院。摂関家の一つ二条家の家臣、いわゆる青侍を勤めた。

武蔵国児玉党系本庄氏編集

児玉党本庄氏の流れを自称している。伝承によると、児玉弘行の5世孫である太郎(本庄宗長)が、武蔵国児玉郡本庄に住み、地名を氏とした[1]。本庄太郎宗長は足利義満に仕えたとある。その後、三好氏に味方して郡代となり、次(宗長の子息の代)に大和の郡代となり、天正11年(1583年)になると摂津国に移住した。その孫である宗正は寛永16年(1639年)8月29日に60歳で没したと伝えられている(『日本人名大辞典』を一部引用)。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 本庄という地名は後世生じたものである