メインメニューを開く

本庄 栄治郎(ほんじょう えいじろう、1888年2月28日 - 1973年11月18日)は日本経済学者。専門は日本経済史京都大学名誉教授。黒正巌など多数の学者を送り出した日本経済史研究の権威であった。1948年日本学士院会員、1965年文化功労者

目次

経歴編集

1888年、京都西陣に生れる。第三高等学校を経て、1913年京都帝国大学法科大学政治学科卒業[1]、同大学院に進学。1916年に同法科大学講師、1918年助教授1919年経済学部助教授、1923年教授。「徳川幕府の米価調節」により京都帝国大学から経済学博士の学位を取得[2]。この間、黒正巌菅野和太郎らとともに、当時、学園紛争の起きていた浪華高等商業学校を昭和高等商業学校(現・大阪経済大学)として再建。昭和学園(現・学校法人大阪経済大学)理事長なども歴任する。

そのほか1933年に京都帝国大学の隣接地に黒正巌らとともに日本経済史研究所を設立し代表理事に就任した。この研究所は現在、大阪経済大学の付属機関で、日本で有数の経済史の研究機関となっている。

幸田露伴の弟である幸田成友東京商科大学教授)の推薦で明治から昭和半ばまでの大阪市史の編集や監修を手がけた。

1942年に京都帝国大学を退官の後は、旧制大阪商科大学(現・大阪市立大学)の学長(- 1946年)、1951年上智大学文学部教授(- 1961年)、1955年大阪府立浪速大学(のち大阪府立大学と改称)経済学部教授(- 1963年)、龍谷大学経済学部教授(- 1969年)。1948年に京都大学名誉教授、1963年に大阪府立大学名誉教授。

著作編集

単著編集

  • 『日本経済思想史研究』(日本評論社/1966年)
  • 『江戸・明治時代の経済学者』(至文堂/1962年)
  • 『近世の経済思想』(日本評論社/1931年)
  • 『日本経済史』(有斐閣/1952年)
  • 幕末の新政策』(有斐閣/1935年)
  • 『増訂幕末の新政策』(有斐閣/1940年)
  • 『経済史概論』(有斐閣/1935年)
  • 『日本人口史』(日本評論社/1941年)
  • 『人口及人口問題』(日本評論社/1930年)
  • 『日本財政史』(改造社/1926年)
  • 『徳川幕府の米価調節』(弘文堂/1924年)
  • 『日本交通史の研究』(改造社/1929年)
  • 『日本経済思想史概説』(有斐閣/1946年)
  • 『近世社会経済叢書』(全12巻/改造社/1926年)
  • 『経済史研究』(弘文堂書房/1920)

編著・校訂・監修編集

  • 『昭和大阪市史』(編著/全8巻)
  • 『昭和大阪市史続編』(監修/全8巻)
  • 『明治大正大阪市史』(編集主任/全8巻)
  • 『大日本貨幣史』(校訂/大蔵省編纂/1925年)
  • 世事見聞録武陽隠士 著(校訂/改造社/1930年)
  • 『近世の大阪』(編著/関西経済同友会/1959年)

脚注編集

関連項目編集