メインメニューを開く

本庄 武(ほんじょう たけし、1972年 - )は、日本法学者。専門は刑事法刑事政策一橋大学大学院法学研究科教授、博士(法学)。守屋研究奨励賞受賞。

人物・経歴編集

福岡県生まれ。1996年一橋大学法学部卒業。2001年一橋大学大学院法学研究科博士後期課程修了。論文「量刑基準論の展開 : 刑罰目的との関係を中心に」により、一橋大学博士(法学)の学位を取得。福田雅章ゼミ出身[1][2][3][4]

2002年一橋大学大学院法学研究科講師。同准教授を経て、2014年から教授。同年、著書『少年に対する刑事処分』により、刑事司法及び少年司法に関する教育・学術研究推進センター第1回守屋研究奨励賞受賞。2015年日本刑法学会理事[5][6][7]

著作編集

著書編集

  • 『刑事法における人権の諸相―福田雅章先生古稀祝賀論文集』(水谷規男,山口直也,上田信太郎と共編著)成文堂 2010年
  • 『少年に対する刑事処分』現代人文社 2014年
  • 『刑罰制度改革の前に考えておくべきこと』(武内謙治と共編著)日本評論社 2017年

訳書編集

  • ブランドン・L・ギャレット『冤罪を生む構造 アメリカ雪冤事件の実証研究』(笹倉香奈,豊崎七絵,徳永光と共訳)日本評論社 2014年

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「刑法判例に登場する事実の形成過程と刑法的処理」熊本大学
  2. ^ 一橋大学 , 博士 (法学) , 甲第141号 , 2001-07-26
  3. ^ 「本庄 武(ホンジョウ タケシ)」一橋大学
  4. ^ 「献辞」一橋法学 10-Mar-2003
  5. ^ 「本庄 武」researchmap
  6. ^ 「本庄 武(ホンジョウ タケシ)」一橋大学
  7. ^ 「守屋賞について」刑事司法及び少年司法に関する教育・学術研究推進センター