本庄 道信(ほんじょう みちのぶ、延享5年6月6日1748年7月1日) - 明和3年12月18日1767年1月18日))は、美濃高富藩の第5代藩主。

上総大多喜藩主・松平正温の次男。婚約者は先代・本庄道堅の娘・勝(婚姻前に死去)。官位は従五位下、大和守。

宝暦10年(1760年)6月24日、道堅の養嗣子となって跡を継いだ。明和元年(1764年)11月13日、叙任を受けて大和守を称する。明和3年(1766年)4月、日光御祭礼奉行となる。同年12月18日、数え19歳で死去し、跡を養嗣子の道揚が継いだ。法号は徳林院樹誉仙厳義然。墓所は東京都足立区伊興町狭間の法受寺。