本庄 道倫(ほんじょう みちとも、享保5年5月27日1720年7月2日) - 宝暦6年5月20日1756年6月17日))は、美濃高富藩の第3代藩主。

旗本松平信晴の三男。母は松平信望の娘。正室は本庄道矩の養女(異母妹、本庄道章の娘)・幾。官位は従五位下・和泉守。初名は金三郎。

江戸に生まれる。延享2年(1745年)に先代藩主であった道矩が死去したとき、嗣子がなかったためその養嗣子となり、同年11月4日に家督を相続した。同年12月16日、和泉守となる。日光御祭礼奉行や大坂加番代などを務めた。道倫にも嗣子がなく、宝暦6年(1756年)5月20日に道倫が死去した後、養嗣子の道堅が跡を継いだ。法号は騰岳院含誉遊法義空。