メインメニューを開く

本庄 道堅(ほんじょう みちかた、享保18年4月9日1733年5月22日)- 宝暦10年4月26日1760年6月9日))は、美濃高富藩の第4代藩主。

信濃小諸藩主・牧野康周の次男(実父・牧野康重本庄宗資の五男)。母は大和田氏。婚約者は本庄道矩の娘(本庄道倫の養女、婚姻直前に死去)。正室は堀田正実の娘。官位は従五位下、大和守。

信州小諸に生まれる。先代藩主・道倫が嗣子なくして宝暦6年(1756年)に死去したため、その跡を継いだ。同年12月18日、大和守に叙任する。宝暦7年(1757年)には日光御祭礼奉行、宝暦9年(1759年)に大坂加番代などを歴任した。道堅にも嗣子がなく、宝暦10年(1760年)4月26日に28歳で死去すると、跡を養嗣子の道信が継いだ。法号は真源院寂誉澄海覚竜。