メインメニューを開く

本庄 道美(ほんじょう みちよし)は、美濃高富藩の第10代(最後)の藩主。

 
本庄道美
時代 江戸時代末期(幕末) - 明治時代初期
生誕 文政3年2月17日1820年3月30日
死没 明治9年(1876年7月17日
改名 藤丸(幼名)、道美
戒名 隆徳院広誉賢然明達
墓所 東京都浅草の女養寺
官位 従五位下、近江守、宮内少輔
幕府 江戸幕府 大番頭、二条御定番、
雉子橋御門番
美濃国高富藩
氏族 本庄氏
父母 父:本庄道貫、母:本庄道昌の娘
兄弟 道美道寛
正室:九鬼隆都の娘、継室:藤堂高秭の娘
片桐貞利道行(三男)、娘(米倉昌言継室)、久米(本庄寿巨正室)、
養子:寿巨細川行芬十男)

文政3年(1820年)2月17日、第9代藩主・本庄道貫の長男として生まれる。安政5年(1858年)、父の死去により家督を継ぐ。安政6年(1859年)に大番頭文久3年(1863年)に二条御定番、慶応3年(1867年)に雉子橋御門番などを歴任した。慶応4年(1868年)の戊辰戦争では新政府に協力した。

明治2年(1869年)6月の版籍奉還藩知事となり、明治4年(1871年)の廃藩置県で免官された。明治9年(1876年)7月17日に死去した。享年57。三男の道行が病弱であったため、四女の久米を後継者として、婿養子を迎えることにした。