メインメニューを開く

本庄 重長(ほんじょう しげなが、1602年慶長7年) - 1654年11月10日承応3年10月2日))は、江戸時代初期の米沢藩藩士で福島城代。上杉氏家臣・本庄繁長の六男。兄に本庄顕長本庄充長(大宝寺義勝)本庄長房本庄久長。正室は武田信清の娘。子に次男・本庄政長、三男・武田信秀他。幼名は市丸。通称は与市郎、出羽。

元和9年(1623年)、兄の充長が嗣子無きまま没し、寛永2年(1625年)に藩主定勝の命で兄の家督を継いで福島城代、禄高3333石となる。寛永5年侍頭。承応3年10月2日没。享年53。